このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンのデジギア道 ― 第13回

スマホをかざすだけで接続できる簡単仕様の「JUICEBOX」

カラオケにも使えるNFC対応のBluetoothスピーカー

2013年04月25日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

次世代通信規格「NFC」対応で簡単ペアリング

 スマートフォンに収録された音楽を、イヤホンやヘッドホンでなく、実際に空気を震わせて大音量で聞きたい! そんな時にお役立ちなのが、Bluetooth搭載のワイヤレススピーカーだ。当コーナーでも過去にBLUETUBEEdifierブランドの各種スピーカーなど、いろいろな製品を紹介してきたとおり、スマートフォン周辺機器の中でも、いまもっともアツいジャンルと言っても過言ではないだろう。

そんな中、プリンストンテクノロジーから発売されたのが、この「JUICEBOX(PSP-BTS2シリーズ)」である。一見したところ、何の変哲のないBluetoothスピーカーのように思われるかもしれないが、これがじつは最新の通信技術が搭載した、注目のモデルなのだ。

プリンストンテクノロジーの「JUICEBOX(PSP-BTS2シリーズ)」。実売価格は6980円で、カラバリモデルも用意

 カラバリには、ブラック・ホワイト・レッドの3種を用意。重量は約1.6kgと比較的軽めで、持ち運びにさほど苦にならないサイズの本体には、直径50mmのスピーカーユニットが2基搭載されている。最大出力3W+3Wの6Wという、このサイズのスピーカーとしてはそこそこのハイパワーぶりを誇る1台だ。

 スマートフォンなどとはBluetooth、あるいは3.5mmステレオミニケーブル(別売)を使って接続する。Bluetoothによる接続の場合、ペアリング情報は最大8台まで登録でき、スマートフォンはもちろんのこと、パソコン、ポータブルオーディオプレーヤー、ゲーム機など、Bluetoothに対応するあらゆる手持ちの機器と接続し、簡単に大音量サウンドを楽しむことができる。

本体上部に備えるボリュームとBluetooth切り替えのボタン。操作系はいたってシンプルだ電源スイッチは背面に、電源コネクター・音声入力とともに備えられている

 Bluetooth接続に関して、当モデルの目玉機能とも言えるのが、NFCへの対応だ。このNFCとはNear Field Communication、つまり近距離無線通信技術のこと。「Suica」や「Edy」といった非接触型ICカードと同じような要領で、本製品にNFC対応のスマートフォンをかざすだけで、ペアリング登録が瞬時に完了してしまうという便利な機能だ。

 従来からのペアリング登録も、さほど煩雑なことはないのだが、とはいえ機械操作に明るくないユーザーだと、なかなか上手にいかないということもよくある話。そんなユーザーには、このNFC機能がとても重宝するだろう。いまのところ、対応する機器は一部のAndroidスマートフォンにとどまるなど、まだまだ少ないが、今後の普及が大いに期待される規格だけに、今のうちから先取りしておくのも良いかもしれない。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン