このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple Geeks ― 第110回

使わにゃ損かも!? 「Yahoo!ボックス」

2013年04月12日 21時00分更新

文● 海上忍(@u_shinobu

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

iDiskなき今、文書の「共有」をどうするか?

 サイズの大きいファイルをやり取りしたいとき、どうするか? まず思い付くのはメールへの添付だが、MIME BASE64で符号化されると3割程度増量されるため、上限5MBということが多い(プロバイダーの)添付ファイル制限を考えるとせいぜい4MBが限界。100MBを超える辺りから、利用できる無料オンラインストレージサービスも限られてくる。昔はMOやCD-Rを利用したものだが、できればオンラインで完結させたい。

 iTools→.Mac→Mobile Meと引き継がれてきたAppleのオンラインストレージサービス(iDisk)も、iCloudでは廃止されてしまった。Finderからヒョイとファイルをドラッグし、発行したURLを相手に渡して「共有」したいとなると、今やサードパーティーのクラウドサービスに頼らざるをえない。EvernoteやSugarSync、DropBoxなど、改めて本稿で説明するまでもないだろう。

 iDiskの廃止以降、筆者はいくつものオンラインストレージを渡り歩いてきたが、最近は「Yahoo!ボックス」で落ち着きつつある。Webブラウザーからのアクセスと、PC(OS XとWindows)とスマートフォン(iOS/Android)向けに専用アプリが用意されていることはキホンとして、個人的にそのコストパフォーマンスが魅力だからだ。

ドラッグ&ドロップでファイルをアップロード/ダウンロードできる「Yahoo!ボックス」iOS版アプリも用意されているので、MacやWindowsとのファイル共有も簡単(画面はiPad)

 筆者の場合、50GBのオンラインストレージを利用できる「基本プラン」を利用している。通常は5GBだが、会費399円/月を払い「Yahoo!プレミアム会員」となっているため、45GB増量されるからだ。中古CDの購入などでヤフオクを利用している筆者としては、追加出費という意識はなく、プラス45GBは無料で増量された感覚に近い。

Yahoo!ボックスの容量プランおよび価格(2013年4月12日現在)
Yahoo!プレミアム会員(会員費399円/月) 一般
プラン名 容量 価格 容量 価格
基本プラン 50GBプラン 無料 5GB 無料
容量追加プラン 150GB 700円/月
(5月31日申し込みまで最大3ヵ月無料)
105GB 700円/月
(5月31日申し込みまで初月無料)
Yahoo!ボックス App
価格無料 作者Yahoo Japan
バージョン2.0.7 ファイル容量6.9 MB
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.2以降
Yahoo!ボックス for Mac
価格無料 作者Yahoo Japan
バージョン1.0.5(783) ファイル容量10.7MB
対応デバイス64bit CPU搭載Mac 対応OSOS X 10.6以降

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中