このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2013 ― 第3回

知ったかできる自作パーツ基礎知識【ビデオカード編】

2013年04月13日 12時00分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 久々に自作PCに挑戦しようとする人のための応援企画として毎年恒例の「アキバで恥をかかないための最新パーツ事情」を今年もお届けしよう。2012年から2013年にかけて登場した新製品を今一度チェック。久々にパーツショップを訪れても戸惑くことなく買い物を楽しむために、ここはひとつしっかりと復習をしてからニューマシン製作に臨みたい。

 それでは2012年~2013年にかけてのPCパーツのトレンドを一気に振り返っていこう。第3回はGeForceかRadeonか、なかなか悩ましい選択を迫られる「ビデオカード」編だ。

ほぼ動きなしのRadeon
ミドルレンジ帯を強化したGeForce

 2012年~2013年にかけてのビデオカード事情は例年と異なり特殊かもしれない。というのもAMDのRadeon、NVIDIAのGeForceともに新世代GPUの発売はなかったからだ。毎年新製品を投入し続けてきた両陣営にとっては、比較的静かな1年となった。

Radeon HDシリーズのロードマップ。図でわかるように、現行のRadeon HD 7000シリーズがそのまま2013年中は継続販売される。図は2013年第3四半期までとなっているが、実際は第4四半期までとのことだ

 AMDは2013年いっぱいは引き続きRadeon HD 7000シリーズを継続して販売すると公言(関連記事)しており、今年も新製品の投入は少なそうだ。

2013年3月22日に発表されたAMDのミドルレンジGPU「Radeon HD7790」。新GPUの登場は約1年ぶりだ

 対するNVIDIAのGeForceは、ミドルレンジ帯を担うGPUを一気に強化。さらには今年になってハイエンドモデルの「GeForce GTX TITAN」を投入するなど、話題提供には事欠かないものの、やはり新世代GPUの話はない。

2013年3月26日に発表されたNVIDIAのミドルレンジGPU「GeForce GTX650Ti BOOST」シングルGPU最速を誇るハイエンドモデルの「GeForce GTX TITAN」

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中