このページの本文へ

海外からコメント多数の動画とは

アクションカム、軍艦島、動画、スカイフォール、そしてソニーが話題に

2013年04月09日 17時49分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 朝、いつものように眠い目をこすりながら出社し、記事のPVを調べてみたところ…。なぜか数年前に掲載した軍艦島の記事のPVが増えているではないか。編集部の偉い人に報告し原因を調べたところ、「ソニーの公式動画がネットでちょっとした話題になっている」らしいと判明した

 その動画とは、4月2日に同社がアクションカムで撮影した軍艦島の様子だ

長崎県にある軍艦島

 通常、観光目的だと軍艦島は限定されたエリアしか行くことができない。海風により建物が壊れかかっているからだ。だが、公開された動画は、アクションカムをラジコンヘリに搭載することで、島の内部を映すことに成功している。風化し、いたるところが崩壊している軍艦島の姿を映す動画は、島の今を生々しく語っている。



 動画は公開から1週間で、30万PVを突破。コメント欄を見てみると、海外からのコメントが多く、「Cool Video」という意見が目立つ。

 もうひとつは「Skyfall」というコメントが多かった。これは2012年12月に世界各国で公開された「007 スカイフォール」で軍艦島が映ったことから、海外の人からはそのイメージが強いようだ。

 さらに少数だが、「音楽がちょっと…」という意見も見られた。動画に使われている音楽はポップなもの。軍艦島の映像としては合わない、と言われれば確かにそうかもしれない。

 ただ、廃墟が映された映像は多少恐怖感があり、その恐怖感を和らげてくれているのも事実だ。いずれにせよ、日に日に再生回数が増えている動画なので、人気なのは間違いない。

 ちなみに軍艦島は、島の全景が軍艦に見えるため軍艦島と呼ばれているが、正式名称は「端島」。海底炭鉱で栄え、1916年に日本初の鉄筋コンクリート造の集合住宅地ができたり、1960年には世界一の人口密度(83600人/km²)を誇ったりと話題の多い島だ(関連記事)。現在は観光地として人気だが、天候が少しでも悪いと上陸できないので、なかなか行くのが難しい。上陸の際はぜひ天候に注意してほしい。

 最後に、数年前に筆者が行ったときの写真を載せておこう。また行きたい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART