このページの本文へ

Abee「AS Enclosure W5」

240mmラジエーターも内蔵できるアビーのキューブ型PCケース

2013年03月26日 22時38分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オールインワンタイプの水冷キットを収納できるキューブ型PCケース「AS Enclosure W5」シリーズが、アビーから発売されている。

アビーから発売中のオールインワンタイプの水冷キットを収納できるキューブ型PCケース「AS Enclosure W5」シリーズ

 フロントシャーシ部に奥行約70mmのファン搭載スペースを備え、オールインワンタイプの水冷キットを搭載できるのが特徴のキューブ型PCケース。120mmファン×2構成の240mmタイプラジエーターも装着可能だ。なお、対応フォームファクターはMicro ATXおよびMini-ITX。
 シャーシ内部を2つに分断するダブルデッキ構造も特徴で、マザーボード、HDD、電源ユニットなどの主要デバイスを分散して配置。組み立て作業の効率化と熱源分散による安定稼働を実現した。ベイ数は5インチ×1、2.5/3.5インチシャドウ×3で、拡張スロットは4段。冷却システムはフロント120mm×1(NANO TEK FAN/1000rpm)を標準装備し、オプションでフロント120mmファン×1、リア92mmファン×1を追加可能だ。

シャシー内部を2つに分断するダブルデッキ構造を採用。さらにフロントシャシー部に奥行約70mmのファン搭載スペースを備え、オールインワンタイプの水冷キットを搭載できるのが特徴だ

 本体カラーはシルバーとブラックの2色展開で、サイズは289(W)×369(D)×269(H)mm、重量は約5.3kg。ビデオカード収納スペースは約290mm、CPUクーラー高さは135mmまで、電源ユニットは奥行160mmまでのATX電源が搭載できる。
 価格は3万4800円。ソフマップ秋葉原本館とソフマップ秋葉原本店リユース総合館で販売中だ。

合計576個のフロントエアホールを設けたフロントパネル。ボトムに配置された電源専用の大口径エアインテークにより、ハイエンド構成でも内部に熱が篭らない仕組みだ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中