このページの本文へ

「Xperia Z」のアニキ(兄機)!? 「Xperia ZL」登場

2013年03月23日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーモバイル製の5型Androidスマートフォン「Xperia ZL」がアキバ店頭に入荷。イオシス アキバ中央通店やビートオン 秋葉原店などのイオシス各店と、Jan-gle秋葉原本店と同3号店にて販売が始まっている。

海外で発売中の「Xperia ZL」がアキバにやってきた。日本でも大人気の「Xperia Z」の兄弟機に当たる5型スマートフォンだ

 Xperia ZLは、海外で販売が始まっている「Xperia Z」の兄弟機。いずれも5型のフルHDディスプレー、Qualcomm APQ8064 1.5GHのクアッドコアCPU、2GBメモリーなどほとんど同等のスペックを持つ。

 ただし、ZLは背面フレームにメッシュ状のデザインを採用するほか、防水・防塵仕様ではないなど、若干違いがある。もっとも、最高峰のAndroidスマートフォンであることには変わりないので、単純にデザインの好みで選んでしまってもいいのかもしれない。

Xperia Zと異なりメッシュ状のフレームを採用。角も丸みを帯びたデザインに変更されている。また、液晶サイズは同じものの、若干サイズはXperia ZLの方が小さい
1310万画素のカメラなど、Xperia Z同様に最高レベルの性能を誇る。ただし防水・防塵には非対応。SIMカードスロットとmicroSDカードスロットが背面フレーム上に移動するなど、レイアウトは結構違う

 搭載OSはAndroid 4.1.2。そのほかスペックは、ストレージ容量が16GBで、外部ストレージは最大32GBのmicroSDHCカードに対応。フロントに200万画素、リアに1310万画素のカメラを搭載する。通信機能はBluetooth 4.0、IEEE 802.11a/b/g/nの無線LANをサポート。本体サイズは幅69.3×奥行き131.6×高さ9.8mmで、重量は151g。

 なお、今回イオシス各店には3G対応版が、Jan-gle各店にはLTE対応版がそれぞれ入荷している。価格はイオシス各店が6万9800円、Jan-gle各店が7万9800円だ。

丸型の電源ボタンは同じデザインながら、Xperia ZLはシャッターボタンを備える。そのほか、側面にはmicroUSBとイヤホンジャックを実装する

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART