このページの本文へ

Abee「acubic A90」

HDDを8台搭載可能なアビー製のMini-ITXケース

2013年03月21日 23時11分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HDDを最大8台まで搭載可能なMini-ITX対応のPCケース「acubic A90」がアビーから登場。22日(金)から販売がスタートする。

22日に発売されるアビー製Mini-ITX対応PCケース「acubic A90」

 acubic A90は、サイズが229(W)×309(D)×349(H)mm、重量が約4.9kgのMini-ITX対応PCケース。Mini-ITX対応ケースとしては大柄な部類ながら、拡張性にこだわった作りが特徴だ。
 ベイ数は5インチスリム×1のほか、3.5インチシャドウが6、2.5インチシャドウが2で、合計8台ものHDD/SSDが搭載可能だ。拡張カードスペースは最大260mmを確保しているほか、背面のPCIスロットは2基用意。電源はATXサイズのものが搭載可能だ。
 冷却ファンは、リアに120mmファン×1(NANO TEK FAN)を標準搭載するほか、オプションでフロント120mm×2を縦に装着可能だ。

ベイ数は5インチスリム×1のほか、3.5インチシャドウが6、2.5インチシャドウが2。合計8台ものHDD/SSDが搭載可能だ。Mini-ITXながらパワフルな1台が作れる

 ケース素材はもちろんアルミで、シルバーモデル「ACE-A90-S」とブラックモデル「ACE-A90-BK」は、ヘアライン加工とショットブラストを組み合わせたフロントパネルを装備。ピュアホワイトモデル「ACE-A90-PW」は光沢塗装が施されている。
 価格はシルバーとブラックモデルが2万9980円、ピュアホワイトモデルが3万980円。ツクモパソコン本店やTSUKUMO eX.、ソフマップ秋葉原本館、ソフマップ秋葉原本店リユース総合館で販売される。

フロントデザインは放熱性にも配慮した構造。光学ドライブは5インチスリムとなる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中