このページの本文へ

合わせて5000円の値上げも

3万円台の14型ノート「Endeavor NY2300S」にWin7モデル

2013年03月12日 18時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンダイレクトは3月12日、14型液晶搭載ノートPC「Endeavor Sシリーズ NY2300S」へのWindows 7搭載製品追加と価格変更を発表した。

 Celeron搭載の「バリューモデル」、 Core i5搭載の「スタンダードモデル」が用意されている「Endeavor Sシリーズ NY2300S」だが、OSとしてこれまでの「Windows 8 Pro」に加え、「Windows 7 Home Premium(64bit) SP1」が選択可能となった。バリューモデルのハードウェア構成は同じだが、スタンダードモデルではCPUに変更が生じる。既存のWindows 8 Pro搭載版では「Core i5-3210M(2.5GHz)」だが、今回加わったWindows 7搭載版では2013年1月発表の「i5-3230M(2.6GHz)」が搭載される。

 価格変更は、バリューモデルが3万4980円から3万9980円へ、スタンダードモデルは4万9980円から5万4980円へと、両モデルとも5000円の値上げとなる。これは、既存のWindows 7搭載版も同様だ。

3月12日の発表当日より価格は変更されている

 なお、エプソンダイレクトは年度末決算セールとして、3月18日17時までの期間限定/100台までの台数限定で、Windows 8 Pro、Celeron B830(1.8GHz)搭載の「Endeavor NY2300S 決算特別限定モデル5」を3万2980円で販売している。メインメモリが2GB(バリューモデル/スタンダードモデルは4GB)などの違いはあるが、安価にWindows 8 Pro搭載の企業向けノートPCを導入したければ、このキャンペーン利用もありだろう。

(キャンペーンWebサイトより)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン