このページの本文へ

やっと国内でもマイクロソフトから「Surface RT」が発売

2013年03月01日 23時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Surface RTが3月15日発売。32GB版は4万9800円

 日本マイクロソフトは、Windows RT搭載タブレット「Surface RT」を3月15日に発売する。価格は32GB版が4万9800円、64GB版が5万7800円。カバーと一体型になっている感圧型キーボードのTouch Cover同梱モデルがそれぞれプラス8000円で用意される。

ハードの発表会はMSでは初でエキサイトしていると語った樋口社長

 直販サイトである「Microsoft Store」に加えて、ビックカメラ/ヤマダ電機/ヨドバシカメラの各グループ店舗で販売される予定。

 同梱モデルのTouch Coverはブラックのみだが、オプションではホワイト/シアン ブルーの2色も選択でき、単体価格は9980円。通常の打鍵感がある、カバー兼キーボードの「Type Cover」は1万980円。ともに国内では日本語キーボード配列のものが用意されている。なお、Type Coverの発売は数日遅れる見込み。このほか、追加のACアダプターやVGAアダプターなどもオプションとして用意される。

同梱版のTouch Coverはブラックのみだが、この2色も魅力的

 Surface RTに採用されているWindows RTは、Windows 8と同じ外観で、タブレット用に最適化されたUIを持つが、CPUがARM系コア(Surface RTはNVIDIA製のTegra 3)を採用するため、旧来からのWindowsアプリは動作しない。ただし、Windowsストアからアプリケーションの追加が可能なほか、Office 2013 RTが標準で添付される。また、省電力なARMコアを用いるため、最大約8時間の使用が可能なほか、スリープ状態での消費電力も小さく、タブレットとしての利便性と、ノートパソコンライクな使用感が両立していることをマイクロソフトもアピールしている。

 そのほかのスペックとしては、メモリーが2GB。ディスプレーは10.6型で、画面解像度は1366×768ドット。本体サイズ/重量は約275×172×9mm/約675g。2.4/5GHz対応の無線LAN、Bluetooth 4.0、USB 2.0、microSDXC対応のメモリーカードスロットなどが用意されている。

キー配列は日本語キーボード化されている。右写真手前は海外版の英語キーボード
よりノートパソコンライクに使えるType Coverは数日遅れるとのこと。発表会会場でも日本語キーボードタイプはまだ無かった

ライバルは他社のWindowsタブではなく、iPadやAndroid!?
Surface Proの国内投入については言及なし

 都内で開催された発表会には同社代表執行役社長の樋口泰行氏も登壇。ソフトウェアとハードウェアの統合の重要性を確認し、今回の「Surface RT」の国内投入に繋がったとする。また、タブレット市場におけるライバルは、Windows 8/Windows RTを搭載した製品ではなく、他のタブレットになっているとし、「トータルなWindows 8のサービスが盛り上がってくればいいのではないか」と語った。

囲み取材に応じる樋口社長。Surfaceによる日本メーカーへの影響はという問いに、日本の物作りの中でさらにいいものを作っているのではないかと、逆にそれを期待するかのような答えだった

 ASCII.jp読者的に気になるのは、Core i5を搭載し、従来のWindowsアプリも動作する「Surface Pro」の国内リリースかもしれない。これについては特に言及はなされず、「お知らせできるタイミングになればまた」といった発言にとどまった。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART