このページの本文へ

MS純正タブ「Surface Windows 8 Pro」がアキバで販売中!

2013年03月01日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Core i5を搭載するマイクロソフトのWindows 8タブレット「Surface Windows 8 Pro」の店頭販売がアキバでスタートした。販売を行なっているのは、Windows RT版「Surface」を唯一取り扱っているイオシス アキバ中央通店やビートオン 秋葉原店などのイオシス各店だ。

ついにやってきたフルWindows 8タブレット「Surface Windows 8 Pro」。CPUにCore i5、4GBメモリー、SSDを搭載するUltrabook級のパワフルタブレットだ

 Surface Windows 8 Proは、OSにWindows 8 Pro、CPUにIvy Bridge世代のCore i5を搭載するマイクロソフト純正の10.6型タブレット。Tegra 3を搭載していた「Surface Windows RT」とは異なりCPUがx86系列のため、既存のWindowsアプリケーションがそのまま動作するのが大きな特徴だ。その他のハードウェア構成も、4GBメモリー、Intel HDグラフィックス4000、64GBまたは128GBのSSDと、タブレット端末ながらUltrabook並の仕様で、パフォーマンスもRT版からは大幅に向上している。ちなみに今回入荷したのは、64GB SSDモデル。

 10点マルチタッチに対応する10.6型液晶ディスプレーは、1920×1080ドットのフルHD解像度を実現。付属のスタイラスペン「Surface Pen」によるペン入力にも対応する。筐体色はダークチタニウムで、マイクロソフト独自のマグネシウム蒸着製法「VaporMg」により仕上げられた強靭な筐体をもつ。

「VaporMg」採用の強靭なダークチタニウムの筐体にはキックスタンドも内蔵する。本体側面にはフルサイズのUSB 3.0ポートも実装
そのほか、側面には映像出力用のmini DisplayPortや、充電用の専用端子を備える。同梱されるデジタイザペン「Surface Pen」の使い心地も気になる

 そのほか、フルサイズのUSB 3.0ポートやmini DisplayPort、microSDXCカードスロットを搭載。通信機能はBluetooth 4.0、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LANをサポート、MIMO対応の高速デュアルアンテナを内蔵する。

 本体サイズは10.81×6.81×0.53インチ(約274.5×173×13.5mm)で、重さは2ポンド(約907g)。その他の仕様はこちらの発表記事を参照していただきたい。イオシス アキバ中央通店やビートオン 秋葉原店などのイオシス各店にて、11万9800円で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART