このページの本文へ

『ビブリア古書堂』の最新刊がオリコン初登場首位に

2013年02月28日 04時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月4日付のオリコン週間“本”ランキングにおいて、『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』(著/三上 延、メディアワークス文庫)が初登場首位になることがわかった。

 同作品は、ドラマが好評オンエア中の『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの最新刊で2月22日に発売されたもの。集計期間中(2月18日~2月24日)に22万6000部を売り上げ、これは文庫部門では2011年6月6日付で『涼宮ハルヒの驚愕初回限定版』が記録した34万1000部に続く、歴代2位の大ヒットとなる。

 また『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズは、オリコンの集計で累計売上が303万5000部に達し、300万部越えを記録することとなった。

シリーズ第4弾は初の長編

 『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』は、古書店「ビブリア古書堂」の店主を務め、本に関する並はずれた知識を持つ篠川栞子と、本が読めない体質の無骨な青年・五浦大輔が、奇妙な客が持ち込む古書の謎や秘密を解き明かしていくビブリオミステリーの第4弾。

 今回は江戸川乱歩作品にまつわる謎に2人が関わる、シリーズ初の長編となっている。

 同シリーズはフジテレビ系列で『ビブリア古書堂の事件手帖』(月曜21時)としてドラマが放送中。ヒロインの篠川栞子役を剛力彩芽、五浦大輔役をAKIRAが務めており、1月クールのドラマではトップ級の視聴率をマークするなど話題を集めている。

 なお、紀伊國屋書店の新宿本店では3月7日までのあいだ、“ビブリア古書堂新宿店”を4階フロアに開店中。ここではビブリア古書堂シリーズ1巻~4巻の概要を展示しており、ヒロイン栞子さんといっしょに記念撮影することもできる。

 ビブリア古書堂の事件手帖は、16日から動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」でも有料配信を開始する。1話で300ポイント(月額300ポイントコースで315円)、第1話配信開始から最終話放送の翌月末までドラマ全話が見放題で視聴できる「見逃しパック」は1500ポイントで提供する。

【原作情報】

  • メディアワークス文庫(毎月25日発売)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖」(著/三上 延)
  • 1~4巻発売中!
  • 各定価 557円~620円
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社