このページの本文へ

どこにでも置ける省スペース性は大きな魅力

小型PC「Endeavor NP31S」を電話機下やトレイ内に置いてみた

2013年02月21日 12時30分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回は長期間・長時間用途に耐えるかどうかの耐久テストをお伝えした「Endeavor NP31S」。薄くて小さく、置場所に困らないのが見た目からも伝わってくるのだが、実際にカオス空間である編集部で設置を想定してみた場合はどうなるかを確認していこう。

 おさらいとして、Endeavor NP31Sは幅20×奥行き154×高さ173mm(突起部除く)の大きさで、光学ドライブほどの大きさだと思っておくとよい。またはA5サイズのシステム手帳よりひと回り小さいといったサイズ感になっている。

ディスプレイ裏にも接続可能な「Endeavor NP31S」。コンパクト設計ながらAMD製E1-1200 APU(1.4GHz)を搭載。グラフィック性能がとくに優れている

気楽における魅力が炸裂だ!

 上記しているが、幅20×奥行き154×高さ173mm(突起部除く)なのでちょっとした隙間に押し込めてしまえる。付属のスタンドは幅75㎜なので、スタンドを装備した状態で設置できれば、エアフローを考慮してもOKだ。スタンドを装備した場合は、棚の上に置いたり、隙間に設置したりといった運用になるため、意外と置く場所は広がらない印象だったが、横面積は極狭なので書類やファイルホルダーが多いデスク向けだろう。

キーボードの脇に設置して、書類立ても兼ねる強引な設置方法。前回のテスト結果から、数時間であれば写真程度のエアフロー障害があっても問題はないと判明している。処理速度が遅くなってきたら書類を動かそう
ディスプレーの背面に設置。キーボードとマウスはワイヤレスにすれば、デスク上を有効に活用できる
デスク上にある棚に設置してみた場合。これも違和感がないというか、もともとそこにあったかのような収まりっぷりになった。本体を横に向けてステッカーを貼ってみるのもいい
重量約760gと軽く、かつスタンドが頑丈なので逆さに吊るしても大丈夫!不安であれば滑り止めシートとガムテープで補強しよう

スタンドオフの状態ではさらに設置の自由度が高まる

 Endeavor NP31Sは、スタンドを外した状態では平置きが可能になるため、いろいろな隙間に押し込むことができるし、何かの上に載せておくことも容やすくなる。注意点は吸気と排気のスペースを確保すること。本体を立てた状態だと、下から吸気し、上に排気という仕様なので、天地を把握してから設置するとよいだろう。それでは設置パターンを見ていこう。

エアフローの図。底部から吸気し、頂部から排気する。それぞれ5㎝くらいの隙間を見ておけば問題はない
Mac miniとApple純正光学ドライブの間に挟んでみたもの。これはこれで置場所としていい
棚の最下段は意外と空きスペースになっていることが多い。そうであれば、Endeavor NP31Sのイイ感じの設置スペースになる
タワータイプのデスクトップケースの上に設置して、サブ機としても申し分ない。写真のようにCDを1枚置けるスペースがあればよいのだ
スマホ用スタンドに立てかけてしまうのもよい。面積が大きくなるため、書類などを一時的に預けておく場所にもなってくれる
ビジネスフォンの下敷きにする設置方法は意外と収まりがよかった。Endeavor NP31Sの側面部に滑り止めを用意しておけば、受話するときにずれにくくなる
書類入れの棚にもすっぽり入る。もちろん、棚に収納したままでの運用は厳しいが、取り急ぎ設置場所がないときの手段として覚えておいて損はないだろう

何かと小回りが利くEndeavor NP31S

 さまざまな設置パターンをチェックしてきたが、いずれの場合もUSB端子が前面に2つ、背面に4つある点が強みになる。ワイヤレスマウスとワイヤレスキーボードを用意しても、USB×4の環境を維持できるため、周辺機器の接続を気にしなくても済むからだ。デスク上は、有限であまり広いとはいえず、Z軸を利用した収納テクが基本だが、やはりPC本体の置場所は常々ネックになっている。オフィスソフトやWebブラウザ、メールソフトを使う程度の用途であれば、Endeavor NP31Sのパフォーマンスはまったく問題ない。その上で、省スペースに貢献してくれるだろう。

注意:本記事では、エアフローを考えた上での様々な設置を紹介していますが、メーカーが認める設置環境通りとは限りません。室温や動作状況によっては正常動作しない可能性もありますので、実際に試される場合は、まずはご自身の環境にて検証を行なって下さい。

試用機の主な仕様
CPU E1-1200 APU(1.4GHz)
メモリー 4GB
チップセット AMD A45 FCH
グラフィック Radeon HD 7310(CPUに内蔵)
ストレージ HDD 250GB(5400rpm)
OS Windows 8 64ビット
サイズ/重量 幅75×奥行き154×高さ199mm(スタンド付・突起部を除く)/約0.76kg(スタンド含む)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART