このページの本文へ

ハードキーで遊べる! ゲームに特化した中華タブ

2013年02月07日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 携帯ゲーム機を彷彿とさせるゲーム特化型Android端末の新モデル「S7300」がaPad専門店で販売中だ。メーカーは中国のJXDで、カラバリはブラックとホワイトの2色。店頭価格は1万6800円だ。

携帯ゲーム機のような豊富なゲームボタンを備えるAndroid端末「S7300」が登場。メーカーはこの手の端末を得意とする中国のJXDだ
御影石のような色合いでちょっと高級に見えるフレーム。カラバリはブラックとホワイトの2色が用意される

 7型の大画面でゲームプレイが楽しめるAndroid端末にニューカマーの登場だ。2つのアナログスティックをはじめ豊富なボタン構成が目を引くが、最大の特徴はタッチパネル専用ゲームを物理ボタンでプレイできる「Touch to Key」というボタンマッピングツール。先月に発売されたARCHOSの「GamePad」と同様の機能で、ゲーム起動中にタッチパネル上のプレイボタンに各種物理ボタンを割り振ることができる。

 価格もGamePad(2万4800円)より格段に安く、Android環境で本格的なゲームプレイを楽しみたい人には大注目のアイテムだ。

タッチパネル上のプレイボタンに物理ボタンを割り当てられる便利ツール「Touch to Key」。ゲーム起動中に呼び出し、タッチパネル上のボタンにドラッグして設定する
ボタン構成は携帯ゲーム機顔負けの豪華仕様。端末表面には、2つのアナログスティックや4つのゲームボタン、方向キーを備える

 搭載OSはAndroid 4.1で、ディスプレーは1024×600ドットの5点マルチタッチ対応7型液晶を採用。CPUはARM Cortex-A9ベースのデュアルコア1.5GHz、GPUは「Mali-400 MP2」(デュアルコア)で、メモリーはDDR3 1GB。ストレージ容量は8GBで、最大32GBのmicroSDHCを外部ストレージに使用できる。フロントに30万画素のカメラを実装するほか、通信機能はIEEE 802.11 b/g/nの無線LANをサポートする。

 本体サイズは幅241×奥行き121×高さ14.3mmで、重量は407g。インターフェイスはmicroSD、microUSB、miniHDMI、イヤホンジャックなど。aPad専門店にて、店頭価格1万6800円、通販価格1万7800円で販売中だ。

この手の端末では珍しく、LRボタンを左右に2つずつ搭載する。そのほか側面にはボリュームボタンやSTART、SELECTボタン、各種インターフェイスを備える

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART