このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第106回

バレンタインチョコの割り勘も簡単にできるiPhoneアプリ

2013年02月07日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、自分がお気に入りのiPhoneアプリを紹介する本連載。ゆるふわ&腹黒なメンバーが、毎回役立つ(?)アプリをピックアップしていくぞ。

 毎週使える・気になるアプリを紹介していくiPhoneクラブだが、ときにはメンバーから「こういうアプリも紹介しよう」というリクエストがくることもある。今回はメンバーでは1番のリア充(ただし自称)であるニッシーさんから、「最近増えてきた、iPhone女子向けのアプリを紹介してもいいんじゃないの?」という意見が届いた。

『義理チョコ計算機』。iPhoneクラブのメンバーは役に立つ機会がなさそうだが……

 そこで2月ならバレンタインデーと考え、女性にとっては意中の人にチョコを渡す日であっても、中には職場などで配る「義理チョコ」に頭を悩ませる人もいるのではないか……という、夢もなにもない打算的な結論に至ることに。そんな男の思考(?)から紹介したいアプリが、こちらの『義理チョコ計算機』だ。

義理チョコ計算機 App
価格無料 作者mipoiApp
バージョン1.0.0 ファイル容量11.5 MB
カテゴリーファイナンス ユーザーの評価(5.0)
対応デバイスiPad 2 Wi-Fi+3G / iPhone 3GS / iPad Wi-Fi+3G / iPod touch (4th Gen) / iPad 2 Wi-Fi / iPad Wi-Fi / iPod touch (3rd Gen) / iPhone 4 対応OSiOS 4.0以降

 シンプルな名前が印象的なこのアプリの内容は、チョコをあげる人(グループ)を登録し、チョコレートランクとその価格を入力することで、最終的にいくら必要なのかを整理するというもの。さらに複数で購入する場合には、1口あたりの金額、出資仲間の名前と口数を登録することもできる。

チョコをあげる人(グループ)を登録し、チョコレートのランクとその価格を登録することで義理チョコ予算を計算する。最初にチュートリアルも出るので安心

 まず最初に、チョコをあげる人(グループ)を設定していく。人(グループ)の名称と、チョコが何個必要かを入力していこう。このとき、金額別にチョコをランク付けた「チョコランク」を設定するが、これは画面下の【Choco Rank】タブから設定できる。このリストには金額のほかにメモ機能があるので、どんなチョコを買うのか、どのお店で買うのかなど、備考を記しておくのもいいだろう。これらを入力することで、チョコがランク別に何個必要か、予算がいくら必要なのかがすぐわかる。なお、画面上部には常に予算と実費が表示されるため、操作中にも予算の調整などがしやすいはず。

チョコを渡すグループを設定し、グループの名称、チョコランクの設定、何個必要かを入力する。個数の追加にちょっとくせがあり、1つずつではなく、「+1」「+10」「+100」から選んでいく
チョコランクを設定し、それなりの人にあげるいいチョコ、そうでもない人にあげる普通のチョコ(失礼)を分類していく

 また、職場の女性陣で共同購入する……というような場合は、【From】タブをタップ。ここでは、チョコを共同購入する際の出資者と、一口いくらかを設定して、何口買うのかということを設定できる。すべて入力し終わったら、【Buy】タブをタップし、一覧を確認しよう。この画面左上にあるメールのアイコンをタップすると、予算・総額・購入リスト・出資者リストをメールで送信することもできるのもポイントだ。

画面下の【From】タブから出資者と出資口を登録していく。これによってスムーズな分配が可能なのだ。入力し終わったら【Buy】タブから内訳を見ることができるほか、予算・総額・購入リスト・出資者リストをメールで送信することも可能だ

このテクを使っている覆面:ニッシーさん

 あくまでバレンタイン限定ではあるが、面倒な計算や、人によってチョコをランク分けをしなければならないなど、手でやると面倒なことがさくっと出来てしまうので試す価値はある。iPhoneアプリのいいところは、こういう「たまにしか使わないけど、あったら結構便利」のようなものが気軽に使えるところだ。無料なのもうれしい。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中