このページの本文へ

GMOクラウドが既存サービス一新で開始

月額7480円から!vSphere利用クラウド「IQcloud Private」

2013年02月06日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月5日、GMOクラウドはプライベートクラウドサービス「IQcloud Virtual Private」のサービス内容を一新し、月額7480円(税込)から利用できる新サービス「IQcloud Private」として提供すると発表した。

 IQcloud Privateは、ヴイエムウェアの「VMware vSphere」を仮想化基盤として採用するサービス。月額7480円(税込)から利用できるのは「バリューシリーズ」で、導入負担を大幅に軽減する低料金を設定したという。また、専用の物理サーバーを提供する「スタンダードシリーズ」では、サービススペックを向上させながらも利用料金を従来提供サービス比で30%値下げしている。

 そのほか、要望に応じて独自のシステム設計・構築に対応、システムのスケールアップも可能な「カスタムシリーズ」も用意する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ