このページの本文へ

物理サーバーとのハイブリッド構成も可能!サポートも充実

at+link クラウド、標準料金で初期構築やコンサルまで

2013年02月06日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リンクは2月5日、エーティーワークスと共同展開しているパブリック型IaaS「at+link クラウド」のサポートサービスを充実させると発表した。

サポートが付くことでコストの削減が可能に

 at+link クラウドは2012年7月に始まった、物理サーバーとのハイブリッド構成も可能なクラウドサービス。これまでも運用サポートが標準で付属していたが、新たに、

  • コンサルティング
  • サイジング
  • 初期構築

のサポートが、料金の変更なしで提供される。

 24時間365日、ネットワークやハードウェアの監視が行なわれ、トラブル発生時にはサーバーにログインしてのサポートが提供される。さらには、プレミアムサポートを申込みいただくと、ユーザー側の手順書に従って能動的な対応まで行なう。2月末までは、3万円分の無償トライアル付きの申し込みキャンペーンが実施される。

 初期費用は不要で、利用料は「日課金」と「月課金」の2タイプから選べる。

「at+link クラウド」の料金

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ