このページの本文へ

「Nexus 7」同等スペックでも1万円半ばで買える4コア中華タブ

2013年02月02日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高解像度ディスプレーやクアッドコアCPUを採用する「Nexus 7」相当のハイスペックな7型Androidタブレット「Novo7 Venus」がアキバ店頭に登場。aPad専門店にて販売が始まっている。店頭価格は1万5480円と格安だ。

クアッドコアCPU搭載の7型中華タブレットainol「Novo7 Venus」の販売がスタート。高解像度なIPS液晶も兼備する、「Nexus 7」の有力な対抗馬だ

 中国ainol社製のタブレットで、クアッドコアCPUや1280×800ドットのIPS液晶、1GBメモリーを実装するなどGoogleのNexus 7に肩を並べるスペックを実現。さらにNexus 7が搭載しないmicroSDカードスロットやminiHDMI端子、背面カメラを備え、それでいてより安価な1万円半ばほどで購入できるのは大きなトピックだ。

 Googleブランドが持つイメージやプレミアム感には及ばないものの、“Nexus 7相当”のスペックを持った使い勝手のいいタブレットを求める人にはオススメ。名より実をとる場合には注目の選択肢になるだろう。

グリップのよさそうな背面カバーはどことなくNexus 7を連想させる。とはいえ、タブレットとしての完成度はかなり高く、背面カメラも搭載されている
側面に配置されたインターフェース。Nexus 7の弱点でもあった外部ストレージや映像出力への対応は大きなアドバンテージだ

 搭載OSはAndroid 4.1で、CPUはActions「ATM7029 1.5GHz」(Cortex-A9ベース)、メモリーはDDR3 1GB、ストレージ容量は16GB。メモリーカードは最大32GBのmicroSDHCに対応する。カメラはフロントに30万画素、リアに200万画素を実装。IEEE802.11 b/g/nの無線LANをサポートする。なお、GPSやBluetoothには対応しない。

 本体サイズは幅186.2×奥行き126.9×高さ10.8mmで、重量は320g。バッテリー容量は4000mAh。aPad専門店にて、店頭価格1万5480円、通販価格1万5980円で販売されている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART