このページの本文へ

ブルース・リーになりきれる(?)アクションiPhone 5ケース

2013年01月24日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ケースを振り回す様はヌンチャク? はたまたガンマン? トリックアクションさながらの独特なアクションで開閉するiPhone 5ケース「iPhone Trick Cover for iPhone 5」の販売がオリオスペックで始まっている。カラバリはブラックとホワイトの2色だ。

一見するとごく普通のカバーケースにも見えなくない「iPhone Trick Cover for iPhone 5」。実は不思議な開閉動作が楽しめる2層構造のユニークケースだったりする。カラバリはブラックとホワイト
その正体は「無駄にかっこいい」ヌンチャクアクション!クルッ、シャキーンと片手で素早くケースを開閉できるという仕組み。よく分からない?それでは続きをどうぞ

 カッコイイトリックアクションでiPhoneを開閉できる異色のケースにiPhone 5対応モデルが登場、店頭販売が始まっている。iPhone5を覆う樹脂製ケースと自由に回転・移動するカバーで構成される製品で、メーカーが“ヌンチャク系”と呼ぶド派手な回転アクションがとにかく面白い。

 具体的には、勢いをつけて振り回すとカバー内側のレールに沿ってケースが引き出され、終端の回転軸でクルリと反転。そのままガチャリと液晶面が表を向くという仕組み。そのままさらに振り回せば先ほどとは逆側の終端が回転軸になり、ケース背面がまた表を向く……という、正直言葉で説明するのになかなか骨が折れる、ユニークな開閉操作が楽しめるのだ。

独特な“ヌンチャクアクション”でケースをしまう様子を連続写真で。勢いよく振り回すと、ケースがレールに沿って飛び出し、終端でストップ。ちなみに終端は回転軸になっていて、クルリと回転する
さらに続き。クルリと回転したケースは反対側を向き、そのままの勢いでカバーに収納される。これで振り回す前とは逆側が向くという流れ。よく分からない?それでは動画をどうぞ……

 何を言っているんだろう、と疑問に思った方もそうでない方も、ぜひ一度メーカーサイトに用意された紹介動画を参照することをオススメしたい。メーカー曰く「無駄にかっこいい」動作に魅了され、意味もなくケースを振り回してみたくなること請け合いだ。

カバーは折り返せば無段階調節可能なスタンドに変身。背面はSuicaなどが入れられるカードホルダーになっている

 本体サイズは幅72×奥行き128×高さ13.5mmで、重量は33g。カバー部分を折り返すことで無段階調節可能な自立スタンドとして使用できるほか、背面にはSuicaなどが収納できるスペースが設けられている。オリオスペックにて3200円で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART