このページの本文へ

x86版のSurface Proは2月9日発売 日本では売るの?

2013年01月23日 10時32分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Surface Windows 8 Proと付属のSurface Pen、および別売りのType Coverによるフルセット構成の写真

 米マイクロソフトは22日(現地時間)、Windows 8搭載のタブレット「Surface Windows 8 Pro」を、2月9日から米国およびカナダのマイクロソフトストアや家電量販店で発売すると発表した。価格は899ドル(約8万円)から。

 既報のとおり、Surface Windows 8 Pro(従来はSurface Proと呼ばれていた)はCPUにCore i5プロセッサーを搭載する、10.6インチディスプレー搭載タブレットである。CPUがx86系列であるため、既存のWindowsアプリケーションがそのまま動く点が、2012年10月に発売された「Surface Windows RT」との大きな違いである。

 10点マルチタッチ対応のディスプレーは、解像度1920×1080ドットのフルHD解像度を実現。さらに付属のスタイラス「Surface Pen」によるペン入力も可能である。メモリーは4GB。ストレージ容量が異なる2製品が用意され、64GBと128GBモデルが販売される。そのほかに、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN内蔵、フルサイズのUSB 3.0ポート、mini DisplayPort出力、micro SDXC対応メモリーカードスロットなどを備える。重さは2ポンド(約907g)。写真にある、カバーにもなるキーボード付きカバー「Type Cover」は別売り(129ドル)。

 なお、日本マイクロソフトに確認したところ、残念ながら日本市場での発売は未定とのこと。Windows RT版以上に人気を呼びそうなだけに、日本での発売も期待したい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART