このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

iPhone 5を持っている俺たちにビデオカメラは必要なのか!? ― 第2回

iPhone 5が優秀でびっくり! 最新ビデオカメラと画質を比較!!

2013年01月23日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 前回はこの春に発売される(された)最新HDビデオカメラを紹介したが、800万画素のカメラを備える「iPhone 5」にシェア的に脅かされている事実は変わらない。

 はたして専用機としてのHDビデオカメラは必要なのか!? を問う本特集第2回目は、実際にどのくらいの画質差があるのかを確かめていくことにする。

 もちろん、ビデオ撮影専用機ならではのアドバンテージは数多い。その最大のポイントはやはり画質だろう。

ソニー最上位機「HDR-PJ790V」 ソニーのスタンダードモデル「HDR-CX430V」
ソニー最上位機「HDR-PJ790V」(実売価格15万円前後、発売中)ソニーのスタンダードモデル「HDR-CX430V」(予想実売価格8万5000円前後、1月25日発売)
キヤノンの高画質仕様モデル「iVIS HF G20」 キヤノンのスタンダードモデル「iVIS HF R42」
キヤノンの高画質仕様モデル「iVIS HF G20」(予想実売価格11万円前後、2月下旬発売)キヤノンのスタンダードモデル「iVIS HF R42」(予想実売価格5万5000円前後、2月下旬発売)
JVCケンウッドのハイエンドモデル「GZ-VX895」 JVCケンウッドのスタンダードモデル「GZ-E565」
JVCケンウッドのハイエンドモデル「GZ-VX895」(予想実売価格9万円前後、1月下旬発売)JVCケンウッドのスタンダードモデル「GZ-E565」(予想実売価格7万円前後、1月下旬発売)

 使用するビデオカメラは、ソニー、キヤノン、JVCケンウッドのハイエンドモデルとスタンダードモデル1台ずつの計6機種。記録解像度はいずれも1080/60pまたは1080/60iとし、転送レートは最高画質、撮影モードはオートモードとしている。

 一方のiPhone 5は標準のカメラアプリ(1080/30p)を使用している。

YouTubeにアップロードする用途なら
iPhone 5もビデオカメラも大きな違いがない

 まずは基本的なカメラ性能をチェック。場所は光量が十分にあるスタジオで、快晴の屋外ほどではないとしてもかなり理想的な状態での撮影だ。

 iPhone 5はそのままでは三脚を接続できないため、条件を揃えるためにすべて手撮りで行なっているが、このテストに限り両手を使って可能な限り安定した状態で撮影を行なっている。

 まずは撮影した動画をYouTubeにアップしてみた。iPhone 5と、画質的に優秀だった(詳しくは次ページ参照)ソニーのHDR-PJ790Vで撮影した動画を以下に掲載する。

iPhone 5の動画




ソニーのHDR-PJ790Vの動画




 見比べてみる限り、スマホとビデオ撮影専用機で撮影した、というほどの画質の差は見られない。もちろん、アップロード時にトランスコードされる影響もあるのだろうが、少なくとも昼間撮影した映像をウェブにアップするぐらいの用途ならiPhone 5でも十分実用的だろう。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中