このページの本文へ

Intel「Xeon E5-1650」

LGA 2011対応のシングルソケットCPU「Xeon E5-1650」が登場

2013年01月19日 22時17分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルのサーバー/ワークステーション向けCPU「Xeon E5-1650」が登場、PC DIY SHOP FreeTで販売中だ。

サーバー/ワークステーション向けCPU「Xeon E5-1650」。LGA 2011に対応したシングルソケットモデル

 発売されたのはLGA 2011に対応したトレイ版(バルク版)で、型番通りシングルソケットとなる。6コア、12スレッド、クロック周波数3.2GHz(Turbo Boost時3.8GHz)で、キャッシュ容量12MB、TDP 130Wというスペックだ。
 メモリーはECC Registeredタイプをサポートしており、128GBや256GBといった大容量も搭載可能。デュアルソケット対応モデルよりも価格が安く、比較的手軽に導入を検討することができそうだ。
 価格は5万7800円。マザーボードやCPUクーラーとのセット購入が条件となる。

6コア、12スレッド、クロック周波数は3.2GHz(Turbo Boost時3.8GHz)で、キャッシュ容量12MB、TDP130Wというスペック

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中