このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー ― 第31回

IGZO搭載AQUOS PHONE ZETAの「充電ナシで丸2日」を検証

2013年01月17日 12時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いま最強のAQUOS PHONEをネチっといじる

 「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」は、1.5GHz動作のクアッドコアCPUや、世界初のIGZO液晶を搭載した超高機能Androidスマホ。AQUOS PHONEブランドのスマホとしては国内通算29機種目。シャープ製Androidスマホとしては実に52機種目となる。その頂点に君臨するハイエンドモデルが、今回紹介するZETAである。

 スペックを舐め回すようにチェックしたが、目立った「落とし穴」は見当たらない。ワイヤレス充電「Qi」に非対応なのはともかく。筆者のようなスペック重視派に唯一残念なのは、Androidのバージョンが最新の4.1ではなく4.0である点ぐらい。しかし根本的な差はないし、シャープも4.1へのアップデートを「検討中」だ。大人しく待とう。

持った感じはデカッ! オモッ!

 正直に言おう。フルスペックを詰め込んであるため、手に持った感じはズッシリ重い。また、ディスプレーが4.9型と大きく、親指1本で操作するのも難しい。背面両端は角を落としたデザインで、手になじむため持ちにくくはないが、サイズと重量は物理的な問題なので、そういうものと割り切って利用するしかなさそうだ。

背面両端は角を落としたデザインで持ちやすい
側面には音量キーとワンセグNOTTV用のアンテナがあるが、ストラップ穴はない
microSIMカードとmicroSDカードは頭頂部から出し入れする

ストラップ穴はないが付属品は技あり

 付属品の細かい工夫がグッド。別売りの「ACアダプタ 04」を利用することで急速充電にも対応する「卓上ホルダ SH41」は、スマホを乗せる部分に余裕を持たせてあり、ケースやカバーを装着したままスマホを乗せられる。

付属の卓上ホルダーは、スマホにケースを装着したまま乗せられる

 タッチペンも多機能。使わないときは、イヤホンジャックに挿しておけば、ホコリの侵入防止と同時に紛失防止にもなり、一石二鳥。イヤホンジャックに挿した状態で卓上ホルダーに乗せても干渉せず、見た目もスッキリ。

イヤホンジャックに刺してアクセサリーとしても使えるタッチペン。画面を汚さずに操作をしたいときにも使える
付属のタッチペンは、ホコリの侵入防止や持ち運びに便利

 ただしZETAには、国内メーカー製スマホとしては珍しくストラップ穴がない。そのため、ストラップを取り付けるにはケースやカバーを別途用意するしかない。前述の卓上ホルダーの余裕は、それを見越した対策なのだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART