このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Twitter「実況民」の最強コンテンツは「プリキュア!」と判明!

2013年01月21日 12時00分更新

文● 美和正臣 撮影●小林伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Tiwtter上でTV視聴しながら感想をつぶやき合い、盛り上がる人々がいる。大規模掲示板サイトでは古くから実況する人々がいたが、この流れが今Twitterに移行しようとしている。ニフティが提供している「みるぞう」は、Twitterで盛り上がっている番組をリアルタイムに検出するサービスだ。そのデータを分析した結果、Twitterの実況民が楽しんでいる番組がどのようなものなのかが見え始めたという。「実況民」がどの番組で盛り上がり、一体どのようなツイートをしていたのか、データ分析を行なったニフティの伊與田孝志氏にお話を伺ってみよう。

実況民に人気のNHKコンテンツ“まいん”ちゃん

ニフティ(株)サービスプラットホーム統括部第一ビジネス基盤開発部 伊與田孝志氏

――この資料を大変興味深く見せていただきました。まず、何でまたTwitterの「実況民」の生態観察みたいなものを始めたのかというところからお話を伺えますか?

弊社は、いまTwitterで盛り上がっているテレビ番組が一目でわかる「みるぞう」というサービスを提供しています。開始して1年ちょっと経ちまして、たまたまこのサービスをやっていく中で蓄積したデータが1年分あるので、これを使えば何かおもしろいことが見えるのではないかという話になりました。当初は単純に「どの番組が盛り上がったのか?」という切り口でやってみようという話になったのですが、それだけだとそんなに面白くない。「じゃあ、何か面白い切り口はないの?」ということで、これ以外にやってみてボツにしたものがいくつかあったのですが、その中でこの「最強番組表」という切り口は、われわれが見ても面白いのではないかということで残したわけです。

――ちなみにボツになったものというのはどんなものだったんですか?

地方で盛り上がっていた番組はないのかというものです。中央からみると知名度も視聴率も低い番組の中にも、実は優れた番組が埋もれているのではないかと。例えば「水曜どうでしょう」みたいなものですね。でも、東京と同じ時間に同じものを放送していると、やはり地方でも結局盛り上がっていて、何も浮き彫りにならなかったわけです(笑)。

こちらが『「実況民」のための最強番組表』。実況民がどのような番組に集まっていたのかがわかるようになっている。画像サイズが大きいので拡大時には注意してほ しい

――多分作成された時点でいろいろと分析をされたかと思うのですが、まずもって朝の4時~5時台のNHKの「おはよう日本」が強いのはどういうわけなんでしょう?

NHKさんが朝に強いのは、基本的に習慣視聴の方が多いと考えております。要は朝にTVを点けて観る番組って習慣で決まっているじゃないですか。「今日は誰々が出るから日テレにしよう」とか、そういうことはあまり考えないですよね。習慣視聴のパターンでは、NHKの朝というのは基本的に強いのだろうなと思っています。

――その後の時間で目立つのが「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」ですが、これが1週間ずっと1位です。とんでもない最強コンテンツですね。

そうですね。「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」は、一応局の公式説明ですと、子供向けで、食を通して楽しむ教育番組と定義付けているのですが、実際につぶやいている方は、いわゆる「大きなお友達」という方で……。

――ですよねぇ~(笑)。

まいんちゃん、福原遥さんがだいぶ大きくなって、ちょっと女性らしくなってきたという感じで盛り上がっています(笑)。

――最近まとめサイトなんかでも「まいんちゃんが終わってしまった件で」とかいうのがありますけど、いやいやコレって普通じゃないのというツッコミをしたくなりますよね(笑)。

成長過程のまいんちゃんについて、つぶやいている方々がいらっしゃるという。

――なるほど。改めて「最強番組表」を見てみると朝の時間帯はNHKの帝国ですよね。

朝から何をやっているんだという(笑)。

――で、ずっと見ていくと、15時くらいまでNHKがすごく強いという感じがあるのですけど、理由がよくわからない。とくにNHKに国会中継とか高校野球とか13時~15時の間に入っているのですけど、「これ、本当なの?」という感想を持ったのですが。

はい、このようになりました。ただし、午前からお昼にかけてのNHKの多さというのは、ツイートで盛り上がった番組を抽出すると、五輪が要因と考えられます。五輪の再放送が午前中に結構ありしました。そのあたりも季節要因としては影響していると思います。あと、データ分析上の限界の話もあって、NHKさんって地方局も全部「#nhk」というハッシュタグをつけていて、全国のいろいろなNHKが混ざってしまうんです。今回のデータは主に関東ですのでそんなに大きくは増えないとは思うのですが、たまに大阪などでボーンと盛り上がってというのがあるので、そういうのがミックスされています。他局よりも多めに出る要因があるんです。

今回のデータの計算方法は、年間を通しての時間枠ごとの累積ツイート数を元にしています。当然この中でツイートの多かった番組、多くなかった番組と分解できます。時間があればそこまで検討した上で結論を出したかったのですが、今回はそこまで手が回らなかったというのが正直なところです。

――ああ、なるほどね。全部のハッシュタグが一緒になっているわけか。

あと、NHKのニュースサイトでニュースを見てつぶやく方も「#nhk」とする方がいます。夜だと、テレビでつぶやく方の比率が圧倒的に高いので、ニュースを見てつぶやく方はほぼ誤差になるのですが、昼間というのは相対的にテレビを見てつぶやく方というのは少なめになるので、その分だけ誤差要因が大きく出ます。

――ほら、最近昼の1時くらいからやっている昼メロで超過激なものをやっているじゃないですか。今だったらこれが入って来たりするわけですかね? 「過激な場面がキター!」とか。

データ上ではNHKの方が上ということになっていますね。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART