このページの本文へ

次世代を謳う統合ログ管理ソフト

攻撃や社内の不正を見える化するIBM Security QRadar

2013年01月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月10日、日本IBMは膨大なログから潜在的な脅威や不正を解析し、リアルタイムに見える化するセキュリティソフト「IBM Security QRadar」を発表した。

 IBM Security QRadarは、IBMが2011年10月に買収したQ1 Labsの製品で、企業のセキュリティやリスク管理に影響を与えるユーザーやアプリケーション、データをリアルタイムに分析する「セキュリティ・インテリジェンス」というジャンルのソフトウェアになる。膨大なログ情報から潜在的な脅威や不正を解析するほか、社外からの攻撃や社内の不正状況をリアルタイムに可視化する。さらに、知見を活かしたルールや検索パターンを製品に装備することで、脅威の絞り込みや検索、レポートの作成などを短時間で行なえるという。

社外からの攻撃や社内の不正状況をリアルタイムに可視化

 製品はコンソール用のプロセッサー、イベントやログを処理するイベント用のプロセッサー、NetFlowやQFlowを処理するフロー用プロセッサー、パケット情報を集めるQFlowコレクターなどで構成されている。製品形態としては、まずソフトウェア+OSイメージバージョン、仮想アプライアンスバージョン、物理アプライアンスが用意されており、同日から提供開始される。なお、IBM Security QRadar V7.1は英語版で、日本語のサポートはない。

 料金は、管理するログの数やハードウェア構成、使用する機能で異なる。物理アプライアンスでログ管理機能のみを使用する際の標準料金は432万4700円~、すべての機能を利用する場合は1057万6000円~になる(ともに税別)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ