このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

A5サイズの手帳より小さい超ミニデスクトップPC

3万円以下でお手軽ファイルサーバーを構築できる「Endeavor NP31S」

2013年01月15日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎 写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

一般的なA5サイズのシステム手帳よりも、さらにひと回り小さいネットトップPC「Endeavor NP31S」を徹底解剖。極小サイズのデスクトップPCのパフォーマンスをはじめ、抜群の省電力性や静音性をチェック!

OS・プロセッサーが刷新も価格は据え置き

 今回ご紹介するのは、当サイトで以前にレビューした「Endeavor NY2300S」や「Endeavor NA601E」に続いてリリースされたネットトップPC「Endeavor NP31S」。従来モデルである「Endeavor NP30S」をベースに、OSをWindows 8に変更するなどのバージョンアップが図られた1台だ。

エプソンダイレクトのスリムなネットトップPC「Endeavor NP31S」。基本構成価格は2万9980円から

 まず目を見張るのは、その本体のコンパクトさだろう。Endeavor NP31Sの本体サイズは幅20×奥行き154×高さ173mm(突起部除く)。一般的なA5サイズのシステム手帳よりも、さらにひと回り小さい極小サイズで、置き場所に困ることはまずない。

幅20mmと超スリムなボディ。大きさもA5よりもさらに小さく、ディスプレーの横などに置いても邪魔にならない

 従来モデルからの変更点としては、Windows 8の導入に加えて、プロセッサーがAMD デュアルコア E1-1200 APUに刷新。またメインメモリーは2GBから4GBに強化され、より動作が軽快になった。それでいて、基本構成価格は従来モデルと同様に3万円以下を維持している。

 ストレージは250GBのHDDで、USB端子は2.0が合計6ポート。デジタル接続が可能なDVI-Iが標準搭載されている。その一方で、光ディスクドライブや無線LANなどは省略されている(BTOで無線LAN USBアダプターを選択可能)。じつに割り切った仕様だ。

本体正面のカバーを外すと、こちらにも2つのUSB2.0端子が。その上部にはランプ付きの電源スイッチがある本体背面にはディスプレー接続用のDVI-I端子にくわえ、4つのUSB2.0端子、LAN端子などを装備している

 なお、当モデルは本体のみの価格。BTOメニューには、Endeavor NP31Sとの併用に最適な“オススメパック”を用意している。なかでも18.5型と21.5型の2種類から選べるディスプレーが特徴的。専用のキットを用いて、ディスプレーの背面に本製品を取り付け、あたかも一体型モデルのように利用することができる。一体型PCやコンパクトなノートPCなど、本製品と同様に省スペース性に優れたモデルも多いが、ユーザーの利用環境に合わせて自由にディスプレーのサイズを選べる点は、ほかのマシンにはないユニークなポイントだ。

ディスプレーの背面にピッタリと装着可能。なお18.5型は本体価格プラス1万1550円、21.5型はプラス1万6800円となっている

前へ 1 2 3 次へ

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

デスクトップPC一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

ノートPC・タブレット一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

タッチパネルPC一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

周辺機器一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社