このページの本文へ

AMD「AMD OVERCLOCK CHALLENGE 2012」

日本AMD、極冷OCイベントでTrinityの世界記録を更新!

2012年12月08日 23時49分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日お伝えした通り、8日(土)、アキバナビスペースにて日本AMD主催による極冷オーバークロックイベント「AMD OVERCLOCK CHALLENGE 2012」が開催された。

寒空のアキバで開催された極冷オーバークロックイベント「AMD OVERCLOCK CHALLENGE 2012」

 イベントに先駆けて行われたAMDのトークセッションでは、“AMD自作応援プロジェクト番外編”と銘打って、日本AMD株式会社代理店事業部マーケティングスペシャリスト井戸川氏による初心者向けのオーバークロック解説が行なわれた。

日本AMD株式会社代理店事業部マーケティングスペシャリスト井戸川氏最近では一般的になっているオーバークロック動作だが、パーツは保証対象外となる点には注意が必要。あくまでも自己責任の範囲で楽しんでほしいとのこと
初心者向けのセッションということで、オーバークロックの概念や手法について、スライドと実践を交えて丁寧に解した

「FX-8350」と「A10-5800K」で
極冷オーバークロックを実施

ASUS「Crosshair V Formula-Z」を使って「FX-8350」のオーバークロックに挑むサミ・マキネン氏
ロジャー・トルポラ氏はASUS製マザー「F2A85-V PRO」で「A10-5800K」のオーバークロックに挑戦

 イベントには、フィンランド在住の著名オーバークロッカー サミ・マキネン氏とロジャー・トルポラ氏が来日し、それぞれ「FX-8350」と「A10-5800K」のオーバークロックを実演した。ちなみにこの日のために用意された液体窒素はなんと100リットル。これを使いイベント開始から終了までの約5時間、ほぼぶっ通しでオーバークロックを実施した。
 肝心のスコアのほうは、冬の寒さと乾燥も手伝って結果はすこぶる良好。「A10-5800K」はイベント開始から1時間ほどで世界記録を更新する7938.14MHzを、「FX-8350」も8367.11MHzの好成績を残し大成功に終わった。

2人のオーバークロッカーによって、まさに湯水のように消費されていく液体窒素温度センサーもみるみる下がり、最終的には-180度前後でいずれも安定していた
「A10-5800K」は世界最高記録7938.14MHzを達成「FX-8350」も定格クロックの約2倍にあたる8367.11MHzの好成績を残した

マザーボードメーカーによる
トークセッションも実施

 オーバークロックと並行して行なわれたトークセッションでは、マザーボードベンダー各社がオリジナルPCとスライドを使って優位性をアピールした。その様子を画像を使って簡単にチェックしておこう。

ASRockは同社のゲーマー向け「Fatal1ty 990FX Professional」とRadeon HD 7970を搭載したハイエンドPCを用意し、オーバークロックの効果を実証
GIGABYTEは小ネタも入れつつ独自品質基準や高品質コンポーネント採用による品質の高さをアピール
セッション後半では、オリジナルユーティリティ「EasyTune6」を使ったオーバークロック手法についても解説した
一際目を引いていたのが台所のスチール製網棚をケース代わりにしたASUS製PC。コンパクトに収納できるため持ち運びが非常に便利とのことASUSは製品価格ではなく、耐久性、低消費電力、高機能といったTCO(総所有コスト)で市場に訴求する
MSIは製品説明は一切なし。なんと著名オーバークロッカーGyrock氏をゲストに呼び、独自の極冷セッションを実施した

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中