このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

油圧式変形機構が魅力!「VAIO Duo 11」ロードテスト ― 第5回

店頭販売向けの標準仕様モデルを試用

「VAIO Duo 11」のデジタイザースタイラスで作業効率が大幅アップ!

2012年12月24日 11時00分更新

文● 高橋量

Officeでの文書作成やプレゼンに活用する

 仕事で使う文書に、ちょっとしたイラストや図版などを使いたい場合もあるだろう。こんなときこそ、「VAIO Duo 11」のデジタイザースタイラスの出番だ。

「VAIO Duo 11」には標準でデジタイザースタイラスが用意される

 前回は、「MetaMoji」の日本語入力システム「mazec-T」を利用したデジタイザースタイラスによる文字入力を紹介したが、マイクロソフトのOfficeスイートが持つ「インクツール」を使えば、手書きの図形やイラストを手軽に文書に追加できる。標準の図形ツールをあれこれ操作したり、ネットから画像を探したりする手間を省けるので便利だ。文書の校正にも役立つだろう。

PowerPointのインクツールで、スライドにイラストを追加。図はベクター形式で記録されるので、拡大縮小しても画質が劣化しない

 PowerPointなら、閲覧中のスライドに直接文字や図形を書き込むことが可能だ。プロジェクターや外付けディスプレーをセカンドスクリーンとして利用すれば、手元のVAIO Duo 11で書き込んだ内容をそのまま大画面で表示できる。タッチでのスライド操作と組み合わせれば、プレゼンを効率的に進めることができるだろう。

スライドショー再生時に、手書きの文字や図形を書き込める

 メモやアイデアをまとめておくなら、さまざまな情報をノートに記録できるOneNoteが便利だ。言葉では記録しにくい抽象的な概念図も、手書きならスッキリとまとめられる。作成したノートは自動的にクラウドに保存されるため、ほかの端末からも参照可能。思考の整理を行なう上で、ぜひ活用したい。

アイデアを手書きメモとしてドンドン記録できるOneNote

 Windowsストアアプリ版のOneNoteも用意されている。リングメニューを利用することで、タッチ操作やペン入力でも高度なメモを作成可能。アプリは無料で公開されているので、インストールしておくといいだろう。

OneNoteはストアアプリからダウンロード可能
ライブラリの画像を貼り付けたり、カメラを起動して貼り付け用の写真を撮影することが可能だ

ソニーストア

ソニーストア

(次ページ、「アプリでの文書作成や画像加工に活用する」に続く)


 

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事