このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows 8を搭載し、より高速に!デルの13型Ultrabook「XPS 13」秋モデル ― 第2回

高速な起動・終了でモバイラーを魅了する「XPS 13」

2012年12月11日 11時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SSDの高速さが光るパワフルモバイル

 「XPS 13」のベースモデルは、3モデルある。今回試用したスタンダードモデルは、第3世代Intel Core i5-3317Uに4MBのメモリと128GBのSSDを組み合わせた構成だ。プレミアムモデルではメモリが8GB、SSDが256GBになり、最上位となるプラチナモデルではCPUが第3世代Intel Core i7-3517Uに8GBメモリと256GBのSSDという構成になる。

 春モデルのベーシックモデルでは第2世代 Core i5-2467Mを搭載していたが、秋モデルでは全モデルが第3世代Core iシリーズ搭載となった。これにともなってグラフィックス機能もIntel HD Graphics 4000になり、全体が底上げされた。OSはもちろんWindows 8が基本となっている。

 この表面的な構成から見えるよりも、使い勝手はさらによい。 前回は、スペックや搭載するインターフェースを紹介した。続いては、パフォーマンスのチェックだ。

 特に、XPS 13の起動・終了等の高速さはすばらしい。電源ボタンを押してからWindowsのスタート画面が表示されるまでが、約9.86秒。終了はほとんど「シャットダウン」を押した瞬間に画面が暗くなるという印象だ。SSDを搭載していてもBIOS画面で待たされるマシンが多い中、快適さはずば抜けている。

試用機の主なスペック
製品名XPS 13 スタンダードモデル
CPUIntel Core i5-3317U(1.70GHz)
チップセットモバイル インテル QS77 Express チップセット
メモリ4GB/8GB
ディスプレー13.3型ワイド(WLEDディスプレー 1366×768ドット)
グラフィックスIntel HD Graphics 4000
ストレージ約128GB SSD
光学式ドライブ
通信機能無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0
インターフェースUSB 3.0端子×2、Mini DisplayPort端子×1、有効画素数約130万画素ウェブカメラ
カードスロット
サウンド機能内蔵ステレオスピーカー、デジタルモノラルマイク、ヘッドセット端子
本体サイズ/重量約幅316×奥行き205×高さ6-18mm/約1.36Kg
バッテリー駆動時間約8時間53分
OSWindows 8 64bit版


デル株式会社


(次ページ、「気になるベンチマークの結果は?」に続く)


 

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー