このページの本文へ

au、LTE版iPad、iPad miniの料金発表 単体では月5775円

2012年11月29日 18時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

単体で契約すると月5775円
auスマートバリュー適用で月4295円 テザリングは可

 KDDIは、11月30日に発売する、LTEに対応した、第4世代iPad/iPad miniに対応した料金プランの詳細を発表した。なお、端末価格については、こちらの記事を参照いただきたい。

LTE版の第4世代iPadとiPad miniの料金がまずはauから発表された

 まず、最も一般的な「LTEフラット for Tab/Tab(i)」は単独では月5985円で利用できる、定額制の料金プランである。ただし、2012年12月31日までは「4G LTE」対応タブレットを購入すると、最大24ヵ月間、月525円割り引くキャンペーンを用意する。ここに「インターネット利用料」として、月315円プラスされるので、単体でLTE版のiPad/iPad miniを利用した場合の料金は、月5775円となる

 iPhone 5と同様にテザリングも可能で、2012年12月31日までに「テザリングオプション」を申し込むと、オプション料金が24ヵ月無料になる(25ヵ月目以降は525円)。

 また、KDDIが提携しているFTTH/CATVサービスを利用している場合に月額料金が1480円割引される「auスマートバリュー」は、「LTEフラット for Tab/Tab(i)」でも適用可能で、その場合の料金は月4295円だ。

auスマートフォンとのセットでキャンペーン
パケットを使わないなら月490円~

 このほかにも、auスマートフォンとセットで利用する場合の割引サービス/キャンペーンも用意されている。

 まず「スマホセット割」は、同一名義でauスマートフォンを契約しており、指定のパケット定額サービス(「LTEフラット」「ISフラット」「プランF(IS)シンプル」)を利用している場合に適用されるもので、月980円が割引される。ただし、同一回線で「au スマートバリュー」「スマホセット割」は二重に適用されない。

 さらにauスマートフォンユーザーも利用しているユーザー限定で、「ゼロスタート定額キャンペーン」と称する二段階制料金も用意されている。「ゼロスタート定額キャンペーン」適用時の料金プランは「LTE ダブル定額 for Tab/Tab(i)」になり、パケット通信を使わない月は料金が押さえられるのが特徴。

 「LTE ダブル定額 for Tab/Tab(i)」のパケット料金は、本来1050~6030円だが、「スマホセット割」が適用されるケースでは月1050円が割り引かれ、月0~4980円となる。また、「インターネット利用料」もパケット通信を行なわない月は0円。ただし、「au Wi-Fi SPOT月額使用料」が常に490円支払う必要があり、合計としては月490~5785円という計算になる。

 なお、ここまで紹介した料金はすべて2年契約を前提とした「誰でも割シングル」適用時のものである。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中