このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

初歩から分かるBD活用講座 ― 第19回

録画した番組をしっかり残しておきたい

DLNAやDTCP-IPでテレビに録画した番組をBDに焼く技

2012年11月28日 11時00分更新

文● 二瓶 朗(グラムワークス)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BDレコーダーで録画した番組なら、内蔵BDドライブでBDへダビングして焼けばいい。しかし、録画機能が搭載されていて、外付けHDDを接続してそれ単体で録画できるテレビの場合、録画した番組をBDに焼く手段がない。いや、ないわけではない。前回、遠隔再生の際に利用した、「DTCP-IP」規格に対応した機器とソフトがあれば、録画番組をネット経由でBDに焼くことができるのだ。その手順について解説しよう。

DTCP-IPに対応したBDライティングソフトを用意する

 まず、単独で録画可能なテレビがDTCP-IPにも対応しているか確認。筆者の場合、寝室のテレビが「REGZA」。やや古い製品(しかも小型)だが、USBの外付けHDDを接続した録画とDTCP-IPに対応している。このテレビと、書き込み可能なBDドライブを搭載したPCを同一のLAN上に接続しておく。まずはこれが第一歩。

 そして今回役立つのが、DTCP-IPに対応したBDライティングソフトだ。「DiXiM BD Burner 2013」「DTCP-IP Disc Recorder」といったアプリがそれに該当する。ごく簡単に説明すれば、家庭内LANに接続されたDTCP-IP対応機器で録画した番組を、ネットワーク経由でムーブして、BDドライブを搭載したPCで焼く、というソフトだ。

DiXiM BD Burner 2013

DigiOn「DiXiM BD Burner 2013」。バージョンアップしたての、DTCP-IPムーブに対応したソフト。価格は7480円

DTCP-IP Disc Recorder

アイ・オー・データ機器「DTCP-IP Disc Recorder」。DTCP-IPムーブに対応したBDライティングソフト。価格は6980円

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART