このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

NEXTGEARで遊ぶファンタシースターオンライン2日記第8回

マウスコンピューターの『ファンタシースターオンライン2』推奨パソコンを活用!

PSO2日記:「俺のキャラがギャラクシーKAWAII」

2012年12月08日 11時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オンラインゲームでは、金字塔であるウルティマ・オンラインから続く装備品による見た目のカスタマイズは、いまや必要不可欠の機能になっている。キャラクターは、よく「プレイヤーの分身」的扱いになっているが、実際にはそれ以外にも愛でる存在としての立ち位置も確立しているため、こと国内タイトルはビジュアルへの注力が目立つ。ということで、今回はビジュアルのカスタマイズやお近くの皆様のファッションをチェックしていこう。

 そういえば、PS Vita版PSO2の発売が2013年2月28日に決定した。1月中旬からクローズドβとのことだが、PC版とPS Vita版は同じサーバーでのプレイになるそうだ。もちろん、PC版とPS Vita版でのプレイデータは共有。プレイ人口が増加しそうな感だが、そのまえにまだバランス調整要素が多々あるので、そのあたりがどうなるかが気になる人も多いだろう。

筆者の場合だと「俺のキャラ、ギャラクシーかわいい」一直線。64bit限定でエステルームと同じクオリティでロビーやフィールドも描写してくれるクライアントを用意してくれないだろうか

見た目のカスタマイズを考えよう

 キャラクタークリエイト時に、細かいところまで調整できる点は、PSO2の特長の1つだ。ゲーム開始後でも同様にカスタマイズが可能で、まったく別人にもできてしまう。途中でちょっとイメチェンしたいだとか、微妙に目の形が気にくわないという場合は、ACコンテンツで調整可能だ。このカスタマイズは、無料の部分だとコスチュームやアクセサリーの変更のほか、瞳パターンやまゆの形状、ヘアスタイル、メイクパターンなども変更できる。プレイヤーならばだいたい遊んでいると思うが、意外と変更可能だ。

エステルームでの調整項目は多く、思いっきりいじれてしまう。なお筆者のキャラクターは、4回ほど微調整を実行して、いまの状態に着地している。また調整ルーチンは「スキンヘッド」ベースではなく「ツインテール」ベース、隠れる部分はあまり考えず、見える部分重視でクリエイトした

 調整時の注意点は、カスタマイズを行なう「エステルーム」と、ロビーやフィールドで見た目に違いが生じるところ。カットインは、エステルームと同じなのだが、ロビーやフィールドではちょっと自キャラを大きく表示してみるとわかる通り、だいぶ異なる。そのため、何度もエステルームとロビーの往復という微調整を経て、好みの造形にした人もいるほどだ。

 本日記で投入されている「NEXTGEAR i830GA3-PSO2」ならスペックに余裕があるので、超絶グラフィックス高精細版を出してほしいところでもある。

コスチュームも描写クオリティが微妙に異なる

キャラクターの顔の変化がよくわかる例。エステルーム版とロビー/フィールド版での違いを埋めるためのバランス調整がたいへん

 カスタマイズには自キャラのデザインに加えて、コスチュームとアクセサリー、武器、ユニットも含まれる。当然、そこには人の好みが介在するため、クリエイトは千差万別だ。またコスチュームは「カラーチェンジパス」があれば、制限のかかっていないコスチュームのカラーを変更できるし、ユニットはリア/アーム/レッグを独立して非表示にできるため、全体のテイスト調整もやりやすい。直近では、プレイヤーをサポートする機械生命体「マグ」のカラー変更アイテムも実装されたため、よりこだわりをもって「俺のキャラがかわいい」を満喫できるわけだ。

ユニット「アーム/レムジース」の見た目はシールド
ユニットのデザイン込みでキャラクターを考えるのも楽しい。写真は「リア/フェガリカット」「レッグ/フェガリピース」。アームは「アーム/クォーツハンズ」を装備しているが、バランスをとって非表示にしている
「リア/ラッピーフェザー」は、羽が舞う、動きのあるタイプのユニット
武器によっては見た目に加えることもできる。ツインダガー「フィンヴォルグ」はその例としてわかりやすい。収納状態がまんま厨二ウィングである
アクセサリーを組み合わせるのもアリ。「キャンディークラウン」と「ラッピーおめんB」がとくに収まりがよくてお気に入り
ところで、ニューマンは耳の長さ、角度によってはヘッドフォンタイプのアクセサリーを装備すると、大変かなしい状態に。ニューマンは耳の角度で装備品に食い込むことが多いが、やや短めで水平よりだとアクセサリーとの干渉はかなり回避できる)

 
本記事はマウスコンピューターのPSO2推奨PCで普通に遊んでいるだけの日記。PCの調子やスペック不足を意識せずに遊べるナイスなPCだ!!

(次ページ、「ロビーでの見え方はメイクで変わる」に続く)


 

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune