このページの本文へ

フルサイズセンサー搭載コンデジ「RX1」で写真を撮りまくった!

2012年11月28日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ISO感度は最大102400まで設定可能

 RX1が採用する撮像素子は有効画素数約2430万画素の“Exmor”CMOSセンサーで、α99と同じ画素数だが、AFは撮像素子面の位相差センサーは採用されず、コントラスト検出方式のみになっている。

 しかし、AFの検出スピードは撮影した限りでは十分なスピードがある。装着されているレンズが35mmと広めな事もあり、普通使う分には遅さを感じることはないだろう。

 画像処理エンジンは「BIONZ」(ビオンズ)を採用。感度設定は拡張機能をオンにするとISO 50から選択可能。複数回シャッターを切って合成する「マルチショットノイズリダクション」をオンにすると最高でISO 102400まで設定可能になる。この辺はα99と同じだ。

感度別撮影サンプル
(マルチショットノイズリダクションをオフ)

ISO 50 ISO 100
ISO 50ISO 100
ISO 200 ISO 400
ISO 200ISO 400
ISO 800 ISO 1600
ISO 800ISO 1600
ISO 3200 ISO 6400
ISO 3200ISO 6400
ISO 12800 ISO 25600
ISO 12800ISO 25600

感度別撮影サンプル
(マルチショットノイズリダクションをオン)

ISO 100 ISO 200
ISO 100ISO 200
ISO 400 ISO 800
ISO 400ISO 800
ISO 1600 ISO 3200
ISO 1600ISO 3200
ISO 6400 ISO 12800
ISO 6400ISO 12800
ISO 25600 ISO 51200
ISO 25600ISO 51200
ISO 102400 ISO 102400

 RX1では、マルチショットノイズリダクションをオンすると暗部で大きめなノイズが発生しやすいが、階調幅はオフよりも広く再現される。使い分けが難しいがノイズの少なさを取るかディテールの再現性を取るかでどちらかを選択するのがいいだろう。

 高感度撮影時の画質はさすがにフルサイズだけあってかなり良好といえる。ノイズリダクションの処理はディテール重視な方向のようで、ノイズそのものは発生するが細かいディテールが崩れることが少ない。



ソニーストア

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン