このページの本文へ

表示スペックがウソ!? 「GALAXY S III」激似の中華スマホ

2012年11月23日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Samsung製スマートフォン「GALAXY S III」にヤバいほど似ている、ソックリ系スマートフォンの最新作「Android S III」がaPad専門店で販売中だ。店頭価格は1万7980円。

「GALAXY S III」を買いました!と言っても大抵だませそうな激似スマートフォン「Android S III」がやってきた。ノーブランド扱いの中国製端末だ
返してみても、手元に「GALAXY S III」がないのが悔しいほどに似ている。ちなみにパッケージ背面によれば“本家”並のスペックだが、これを信じてはいけないのだ

 手に持った感覚は違和感ゼロ。ロゴ印刷前のGALAXY S IIIと言われれば信じてしまいそうな、精巧な“ニセGALAXY S III”が登場した。ノーブランド扱いの中国製スマートフォンで、過去に登場したiPhone 4ソックリの「GOOAPPLE」や、GALAXY Noteに激似の「N8000」などと似た性質の製品だ。

 パッケージには「Quad Core 1.4GHz」や「SUPER AMO LED Plus」などと勇ましいスペックが記載されているものの、ショップによれば「実際のスペックとは異なるため、信用しないでほしい」とのこと。ショップ調べによるスペックは、CPUにデュアルコア動作の「MTK 6577 1GHz」、メモリー512MB、ストレージ容量4GBなど。液晶サイズは“本家”(4.8型)よりやや大きめの5型で、解像度は480×800ドット。

ボタン配置なども基本は純正準拠のレイアウト。よくよく見てみると多少作りが甘い部分もなくはない
怪しげ端末ながら性能はなかなか。SIMスロットを2つ搭載するデュアルSIMスマホという特徴もある。ここは威張っても大丈夫か

 何やらうさんくさい風体とは裏腹に、操作性は非常に軽快で好印象。2万円以下で買えるSIMフリースマートフォンとしては、十分アリな選択肢かもしれない。さらにカバー内部にSIMスロットを2つ備えるデュアルSIMスマホ(GSM 900/1800MHz、WCDMA 2100MHz)でもあり、この点はGALAXY S IIIにはないオリジナル要素といえる。

 本体サイズは幅79×奥行き148.2×高さ10.5mmで、重量は169g。800万画素の背面カメラと30万画素のフロントカメラやGPSを搭載、Bluetooth機能と無線LANをサポートする。aPad専門店にて、店頭は前述の1万7980円、通販は1万8980円で販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART