このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

もしもツンデレ女子高生がBDを使うことになったら ― 第5回

膨大な写真を整理する技も紹介

【ツンデレBD】写真を整理してスライドショーを作るわよ!

2012年11月10日 11時00分更新

文● 藤春都 イラスト●花園あずき

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

田中葵

頭脳明晰・才色兼備の優等生だが、実は機械がニガテ。前回VHSをデジタル化してくれたお礼に、赤司にお弁当を作ってあげた。





赤司

葵の同級生。デジタル全般に強く、敵視されながらも機械オンチの葵を手伝ってくれる。果たして彼の目的とは……?




2人の仲が、学校中のウワサに…?

「ねえ葵ちゃん、この間赤司君にお弁当渡してたって本当……」
「ごめんね私用事があるの急いでるからっ!」

 みなまで言わせず、私は弁当を抱えて脱兎のごとく駆け出した。
 昼休み、さあお弁当を食べようとしたところで、私は隣のクラスの女の子たちに囲まれてしまった。知らない顔じゃないけど、いきなり問い詰められたら誰だって逃げるわよ!

「ああもう、これで一週間目よ。みんな他に気にすることないのかしら、世界情勢とかスーパーの安売り日とか……」

 十日ほど前、私は赤司……クラスメートにして一緒にクラス委員をやっている男に、ちょっとだけ世話になった。何かお礼をしようにも、私は年中手元不如意。仕方なしに弁当を一食分作ってやったのね。
 それだけの話なんだけど、この赤司というのが校内でも有名な成績優秀なイケメン様だったせいで、私はいまやこの有様。ああもう、どこでお弁当食べようかしら。

「誰も来なくてゆっくりできる場所なんて……あ」

 私はぽんと手を叩いた。

「よしよし、誰もいない。生徒会長に仕事頼まれてて良かったわ」

 ややあって、私がやってきたのは生徒会準備室だった。生徒会室から続く、備品を置いておくための物置みたいな部屋で、生徒会役員か鍵を預かっている人間しか入れない。
 私は弁当を広げながら、機材に埋もれるように置いてあるパソコンのボタンを押した。

「えーと……確かこの丸をぽちっ、と」

 部屋を私用で使ったと言われないためにも、仕事はきちんとしないとね。
 しばらく前の文化祭で、私は学校の古い写真や映像をパソコンでデジタル化するという作業を請け負って……実は赤司にちょっとだけ手伝ってもらって完成させた。そのせいか頼まれたのはまたもパソコン絡み。

「古い写真の中から校舎が写っているものだけ抜き出して、校長室のテレビでも見られるようにする……よし」

 指令をぶつぶつと呟きながら作業をする。
 以前、機械音痴と赤司にバカにされた私だけど、予習と(自宅にパソコンがないので)イメージトレーニングは欠かしていないのよ。そのおかげでファイル一覧の表示はうまくいった。さて、校舎の写真はどれかしら……

「って、どれよ!?」

 表示されているのは数字とアルファベットの羅列ばかりで、どの写真に何が写っているのかまったくわからない。

「赤司のアホっ、これじゃ何が何だかわからないじゃないの……」
「僕が何か?」

 いきなり後ろから聞こえた声に、私はびくっとしてから振り返った。

「あんた、いつもいきなり後ろから出没しないでよ!」
「そんな、北海道の熊や鹿みたいに言わないでください」

 生徒会準備室に入ってきた赤司は、呆れたように肩をすくめた。人を小馬鹿にしたようなそんな仕草ですら絵になるから、美形ってのはお得よね。
 ……というか、こいつのせいで私が逃げ回る羽目になっているのに、どうしてここにこいつが来るのよ。嫌な偶然もあったものだわ。

「それ、文化祭のときの写真ですよね」
「これ、どれに何が写ってるかわからないじゃない! あんた、ちゃんと仕事してよ!」

 訴えると赤司はしばし考え込んで、

「つまり、素早く写真の内容を確認できればいいわけですよね?」
「そ、そうね」
「よければ、僕が探し方をお教えしましょうか? 僕のせいで葵さんにご迷惑をかけているようですし、お詫びも兼ねて」
「そうよね、あんたのせいで逃げ回る羽目になってるんだし、そのくらい当然よね!」

 なんだか私、毎回このパターンで言いくるめられてない?

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART