このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

速くて便利! 実測でわかるモバイルデータ通信 ― 第28回

便利すぎる! iPad miniやWindows 8で公衆無線LANを使う

2012年11月08日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回は「iPhone 5」を機内モード(Wi-Fiあり)にして検証。iPad miniでも同じように使える(はず)
今回は「iPhone 5」を機内モード(Wi-Fiあり)にして検証。iPad miniでも同じように使える(はず)

 新しく登場した「iPad mini」は、Wi-Fiモデルが先行発売され、外出先でさっと取り出して単体ですぐ通信をはじめることができない。

 モバイルルーターやテザリングを使えば通信は可能であるが、複数の機器を取り出してゴソゴソやるのはスマートではない。そんなときに案外便利なのが公衆無線LANサービスである。携帯電話事業者が本腰を入れてアクセスポイントを拡充させており、思いのほか便利に利用できるのだ!

ドコモのスマホユーザーなら実質無料!
認証画面の入力なしで使える「docomo Wi-Fi」

 公衆無線LANサービスといえば、接続してウェブブラウザーを立ち上げると自動的に認証サイトへ転送され、そこでIDとパスワードを入力するとインターネットで出ていけるのが一般的だ。一部ではログインのための専用アプリが提供されている場合もあるが、何らかのログイン操作は必要となってくる。

 例えば、NTTドコモが提供している公衆無線LANサービスの「docomo Wi-Fi」も基本的には同じ要領で利用できる。ただし、docomo Wi-Fiは「IEEE802.1X認証」にも対応している。

 IEEE802.1X認証は、docomo Wi-Fiで「自動ログイン機能」として提供しているもの。接続する機器がIEEE802.1X認証に対応していれば、一度設定さえしてしまえば認証のための作業が不要となる。

 本来は企業などの無線LANで、全体で共通した暗号キーを使用して接続の管理をするのではなく、個々の端末でそれぞれのIDとパスワードで認証しようという仕組みで、それを公衆無線LANサービスのユーザー認証にも採用しているのだ。

 docomo Wi-Fiでは、Windows搭載のPCやWindows Mobile搭載のスマートフォン向けとして自動ログイン設定の案内があり、WindowsのPCで便利に使ってる人もいるだろう。しかし、それ以外のOSについての記述は一切ない。これを今回はiOSでも設定してしまおう!

iOSでもログイン操作なしで接続できる

 設定の前に、docomo Wi-FiのユーザIDとユーザパスワードを用意しておこう。すでに使っているなら問題ないが、初めて使う場合は「SPモード」でスマートフォンを使っている場合や、モバイルルーターで「mopera U スタンダード」を使っている場合で確認方法が異なるため、spモード/mopera Uのサイトで方法を確認し、IDとパスワードを控えておいてほしい。

 IDとパスワードが用意できたら、次にdocomo Wi-Fiのエリアに向かう。最近はエリアが急拡大しており、身近なランチのお店がエリアになっていることも多い。詳しくは同社サイトのサービスエリアのページで確認してほしいが、都市部なら身近なところでエリアが見つかるだろう。

[docomo]というアクセスポイントあることを探す そのまま接続せず、[その他]から改めてdocomoを設定する セキュリティは[WPA2エンタープライズ]を選ぶ
[docomo]というアクセスポイントあることを探すそのまま接続せず、[その他]から改めてdocomoを設定するセキュリティは[WPA2エンタープライズ]を選ぶ

 エリアに到着したら、iPad miniなどiOSデバイスを取り出し、[設定]から[Wi-Fiネットワーク]を開き、ワイヤレスネットワークから「docomo」を選択する。しばらく待っても「docomo」のアクセスポイント名が表示されなければ、残念ながらそこは圏外だ。場所を移動しよう。

 docomoと表示されてもそのまま接続してしまうのではなく、そこから[その他…]をタッチする。[名前]に「docomo」を入力し、[セキュリティ]は「WPA2エンタープライズ」を選択する。1画面戻るとユーザ名とパスワードの入力欄ができるので、docomo Wi-FiのIDとパスワードを入力する。

1画面戻るとIDとパスワードの入力がある 証明書も[了解]を押してインストール これで[docomo]へ接続完了
1画面戻るとIDとパスワードの入力がある証明書も[了解]を押してインストールこれで[docomo]へ接続完了

 IDの入力の際は、後ろにmopera Uの契約なら「-mopera@docomo」、SPモードなら「-spmode@docomo」を忘れずに付けること。そして[接続]をタッチすると、証明書が表示されるので[了解]をタッチする。

 以上で設定は完了。そのままインターネット接続しているはずで、次にdocomo Wi-Fiのエリアに入った際は、自動的に接続されてインターネット接続ができるようになっているはずだ。

 なお、これはdocomo Wi-Fiでは正式に案内されている方法ではない。今回はiOS 6.0.1のiPhone 5で試したが、iOSのバージョンが変わったりするとこの方法では接続できなくなる可能性もあるので注意してほしい。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART