このページの本文へ

小さいけど画質に妥協ナシ! 最上位な「Nikon 1 V2」レビュー

2012年11月07日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フルオートでも画質調整が可能

 撮影モードは「プログラムオート」「絞り優先オート」「シャッタースピード優先オート」「マニュアル」「オート」「アドバンス動画」「モーションスナップショット」「ベストモーメントキャプチャー」がモードダイヤルから選べる。

カメラ任せのフルオートモードだが、コントラスト(明暗差)、絞り(背景をぼかす)、シャッタースピード(動きを表現する)、露出補正(明るさを変える)の項目をスライダー操作で変更できる機能ライブコントロールを備える
即座に動画記録が行なえる「アドバンス動画」

 アドバンス動画は撮影モードに関わらず、シャッターボタン手前の動画ボタンを押すと動画の記録が開始される機能。記録中でもシャッターボタンを全押しで静止画を記録できる。

 フルHDで記録できる動画はマニュアルや絞り/シャッタースピード優先オートなどの露出モードを選択できるほか、640×240ドットで400fps、320×120ドットで1200fpsのスローモーション動画の記録もできる。

 このスローモーション動画を応用し、ベストな写真を残せる新機能がV2には搭載されている。

「モーションスナップショット」の設定画面

 「モーションスナップショット」は静止画を撮影した前後約1.6秒を動画で記録して、2.5倍のスローモーション動画として記録する機能。動画だけでなく静止画の連続写真の記録も可能で、躍動感のある写真を記録できる。

「ベストモーメントキャプチャー」は2つの方式から選択可能だ

 動いている被写体のベストな1枚を残せる「ベストモーメントキャプチャー」は2つの機能を選択できる。1つは複数枚を高速で連続撮影して、その中からベストなショットを自動的に選んでくれる「スマートフォトセレクター」。

 もう1つは、シャッターボタンを半押しにしている間の約1.3秒間を40コマで記録し、スローモーションで連続表示することで、ベストな瞬間を選んで残せる「ベストモーメントキャプチャー」だ。ベストモーメントキャプチャーはシャッターボタンを全押しすることで表示中のコマが記録される。

エフェクト機能は非搭載

「ピクチャーコントロール」の設定画面。それぞれの項目でエッジ強調やコントラスト、明るさ、彩度色相などを設定可能なほか、モノクロではフィルターの効果を調整できるなど充実している

 色味調整機能である「ピクチャーコントロール」と暗部の補正を行なう「アクティブD-ライティング」は利用できるが、最近流行りのエフェクト系の機能がないのはやや残念なところ。アクティブD-ライティングは撮影後の画像に対して付加することもできる。

ピクチャーコントロールの撮影サンプル

スタンダード
ニュートラル
ビビッド
モノクローム
ポートレイト
風景

アクティブD-ライティングの撮影サンプル

暗部の補正を行ない、肉眼に近い印象のコントラストに調整してくれる「アクティブD-ライティング」。左がオンで右がオフ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART