このページの本文へ

「Harmonious Cloud」でハイブリッドクラウドサービスを提供

日立、VMwareと戦略提携!vCDCプログラムに参画

2012年11月06日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

国内で2社目のvCDC参画へ

 今回の提携の目玉は、VMwareクラウドサービスの最上位のパートナーシップである「VMware vCloud Datacenter Services(vCDC)」のプログラムに日立が参画することだ。世界では11社目、国内ではソフトバンクに続く2社目の見通しとなっており、両社共同でサービス開発、グローバルでのマーケティング、営業などの活動を進める。また、2012年12月にはVMware製品を活用したシステムの技術検証を行なう「日立-VMwareコンピテンスセンター」を設立する。

VMware vCloud Datacenter Servicesへ参画

 2013年度中には、日立の「Harmonious Cloud」でハイブリッドクラウドサービスを提供する予定となっている。ここでは顧客のプライベートクラウドとHarmonious Cloudとの間でのアプリケーションの可搬や相互運用を実現するほか、他のvCDC認定クラウドとの相互運用も実現するという。発表会において戦略提携について説明した日立製作所 執行役常務 情報・通信システム社 CSOの渡部眞也氏は、「アプリケーションを必要なときに移すといった柔軟性を得られる。ビジネスの俊敏性を向上させたり、グローバルITを最適化することが可能になる」と語る。

日立製作所 執行役常務 情報・通信システム社 CSO 渡部眞也氏

 テクノロジー連携も強化する。まず日立のサポートサービスである「日立サポート360」プレミアムにVMware製品サポートを追加。VMwareとのR&Dと連携してソフトウェア解析などを行ない、SLAに基づき解決にまでこぎつけるという。また、10月に発表された統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform」においても、VMware製品を採用している。「トータルソリューションプロバイダーである日立と、世界クラスの技術を持つVMwareとの強い連携により、お客様に新しい価値を提供していく」(渡部氏)。

米VMware CEO パット・ゲルシンガー氏

 9月にVMwareのCEOに就任したパット・ゲルシンガー氏も登壇し、今回の日立との提携について、「まさにリーダー同士のパートナーシップだ。高品質、ミッションクリティカルでの実績などを持つ日立との提携により、高いケーパビリティのクラウドサービスを日本市場へ投入し、さらにグローバルへ提供しているものと信じている」と述べ、提携を歓迎した。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ