このページの本文へ

ASCII.jp編集部が冬のお買い物を完全サポート! ― 第1回

この冬買いたいヘッドフォンを紹介

本気で音質にこだわる人向け!高音質ヘッドフォン7選

2012年11月09日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

年末のお買い物をASCII.jp編集部がサポートする「冬の買い物企画 2012」。忙しい現代人のために、ASCII.jp編集部が人気・実力・評判をもとに独自に選んだオススメの製品を紹介する。第1回のテーマは「ヘッドフォン」だ。

 年末のお買い物をASCII.jp編集部がサポートする「冬の買い物企画 2012」。忙しい現代人のために、ASCII.jp編集部が人気・実力・評判をもとに選んだオススメの製品を紹介する。

 編集部が選んだベストバイ製品を紹介する「冬のお買い物企画 2012」。第1回のテーマは「ヘッドフォン」。ここ最近で低価格化・高品質化が進んでおり、バランスド・アーマチュア(BA)型でも5000円を切る製品も増えてきている。低価格でも高品質のヘッドフォンが買えるようになってきたので、どの製品を買ったらいいか、迷っている人も多いことだろう。そこで、1万円以下から15万円までの価格帯で、特に音質にこだわったヘッドフォンを7製品選び、紹介していく。なお、今回はインナーイヤー型に限定した。冬のボーナスでプレミアムなヘッドフォンに手を出してみたいという人は、ぜひ参考にしていただきたい。

低価格とは思えない高級感あふれるデザイン

JVC HA-FXD80-Z
実売価格 5590円


ハウジングの先端に小口径のドライバーユニットを直接固定した新構造「ダイレクトトップマウント構造」により、高解像度サウンドを実現。新開発「カーボンナノチューブ振動板搭載マイクロHDTVユニット」を搭載し、切れのあるサウンドを再生する。音域は低音から中高音まで幅広くカバー。高級感あふれるステンレス素材のデザインもポイントが高い。

■製品情報

コスパ・音質ともに最高ランク

SHURE SE215
実売価格8400円


 「SHURE SEイヤホン」のエントリーモデル。小口径ダイナミック型マイクロドライバーを搭載し、解像度が高く温かみのあるサウンドを再現する。当初ミュージシャン向けの高遮音性イヤホンとして開発されていた経緯もあり、最大90%の騒音カット効果がある。ケーブルは着脱式で交換やカスタマイズが可能。

■製品情報

あの時欲しかった高級ヘッドフォン…今が買い時!?

オーディオテクニカ ATH-CKM99
価格 21000円(実売価格1万2900円)


 2つの硬度の異なる金属を組み合わせたハイブリッドメタル構造による制振設計に加えて、不要な共振を抑制するケースダンパーを搭載。解像度の高いクリアな再生を実現している。専用に開発されたドライバーはφ14mmの大口径で、表現力豊かな広帯域再生が可能。フィット感にすぐれたイヤーピースを採用し、遮音性も抜群。2年前に発売された製品だが今でも評判が高く、現役で使っている人も多い。

4基のドライバーによる迫力のサウンド

SONY XBA-40
価格 3万975円(実売価格 1万9000円)


 ソニーが独自に開発したBAユニットを搭載。従来型の狭いパイプ状のエアーダクト構造ではなく、フラット形状のエアーダクト構造を採用しており、制振性能が向上している。低音から高温まで全帯域にわたって伸びのある、豊かな音表現が可能。イヤーピースの内部に低反発ウレタンフォームが入っており、より耳にフィットし遮音性が向上している。

■製品情報

予算に制限の無い人向け

ULTRASONE IQ/Tio
オープン価格(参考価格 IQ:7万9800円/Tio:4万6200円)


 ULTRASONEのヘッドフォン製品の中でも上位クラスの「IQ」は、BAユニットと8mm径のダイナミックユニットを両方内蔵した2ウェイ・ハイブリッド・ドライバーを採用。重低音をパワフルに再生する。また、下位モデルの「Tio」は、シングルBAユニットを搭載。アルミニウム削り出しのコンパクトなハウジングが特徴。

最高級とはこういうことだ! AKGのハイエンドヘッドフォン

AKG K3003
オープン価格(参考価格:12万7500円)


 AKG社のインナーイヤー型ヘッドフォンのフラッグシップモデル。高・中・低域を3つのドライバーで再生する3ウェイ・ハイブリッド・テクノロジーを採用している。機器や音楽に合わせて音の透過性を調整するメカニカル・チューニング・フィルターを搭載。ユーザーの好みに応じて取り替えられるフィルターも付属している。また、ステンレス製の本体や、革製の付属アクセサリーが高級感を演出する。

■製品情報

補聴器屋さんが本気で作るヘッドフォン

MONET-萌音
15万7500円


 補聴器メーカー・須山補聴器生み出したカスタムイヤーモニター「FitEar」。(イヤーモニターとは、ミュージシャンがステージ用モニターに使うイヤホンのこと。)「FitEar」は耳型からオーダーメイドで製作され、一般的なカナル型より遥かに高いフィット感と遮音性を実現している。そのブランドとして新たに誕生したのが「萌音」だ。15万超えという規格外の価格だが、品質は約束されているので、一生もののヘッドフォンとしてぜひオーダーしてみてはいかがだろうか。

■製品情報

カテゴリートップへ

この連載の記事
[an error occurred while processing this directive]
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART