このページの本文へ

RightScaleに続く管理ツール第2弾

国内初!IDCF、クラウド統合運用管理ツール「Scalr」に対応

2012年11月01日 10時30分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月1日、IDCフロンティアは、同社の「セルフタイプクラウド」が統合運用管理ツール「Scalr」に対応したことを発表した。米国外のインフラ提供事業者として初めての対応で、11月1日より全世界での利用を開始する。

 Scalr(スケーラー)は、AWS、Rackspaceなどのパブリッククラウド、CloudStackベースのプライベートクラウドなどのマルチクラウド環境を構築・管理できる米Scalr社のクラウド統合運用管理ツール。LAMP構成やRDBMS、KVS、ロードバランサーなどに特化したロールを標準で実装しており、WebのGUIから直感的に扱えるのが最大の特徴。リソースモニタリングのほか、仮想マシンと自動関連されるDNSなど仮想化対応も充実している。その他、障害時のデータベースの自動切り替え、サーバーやデータベースなども含めたシステムの自動拡張・縮退などの機能も持っている。

アカウントの作成画面ロール選択画面
リソースモニタリングDNSゾーンの管理

 また、サービスプロバイダーや法人向けのライセンスのほか、オープンソース版が提供されているのが特徴で、世界7000社以上の利用実績を持っている。

 IDCフロンティアでは、3月からクラウド統合運用管理ツール「RightScale Management System」への対応を開始している。両者でできることは近いが、RightScaleの対象がシステム全般で、コンサルティングを必要とする商材なのに対し、Scalerはサーバーの構築・管理がメインで、とにかく簡単にサーバーを立てたいというニーズに応えられるという。

 なお、オープンソース版への対応は2012年11月末を予定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ