このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

キヤノン「imageFORMULA DR-P208」新登場

モバイルタイプでWi-Fi&スマホ・タブレット対応、クラウド連携機能有りの機種を狙おう

量販店ドキュメントスキャナー担当者に聞く今冬の売れ筋

2012年12月12日 11時15分更新

文● 二瓶 朗 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今冬のドキュメントスキャナーの売れ筋は? ビックカメラ 新宿西口店 4階プリンタコーナーで主任を務める寺澤宏隆氏に伺った

ドキュメントスキャナー売り場の現状は?

 今年は各メーカーから続々と新製品が登場し、さらなる充実を見せるドキュメントスキャナー。ショップの店頭もかなりホットになっていることだろう。ということで今回は、そんな量販店のドキュメントスキャナー担当者にお話を伺った。

 取材に応じてくださったのは、ビックカメラ 新宿西口店 4階プリンタコーナー主任・寺澤宏隆氏。販売の最前線に立つスタッフならではの視点から、ドキュメントスキャナーについてお話をいただいた。

 まずは、ここ数年の販売動向から。メーカー参入が相次ぎ、一気に選択肢が増えた個人向けドキュメントスキャナーだが、実際の売れ行きはいかに?

ビックカメラ 新宿西口店では、ドキュメントスキャナーの専用コーナーが設けられており、活用法を紹介するPOPやパンフが所狭しと並べられていた。年末年始には製品を求める人たちが急増するとか

寺澤 「右肩上がりで推移しています。特に、iPad発売と同時に火が点き、タブレット端末の普及と歩を合わせるように伸びているように見えます。今後も販売は伸びるでしょう。

 また、売り場の雰囲気も良好です。年末年始にかけては年賀状の管理や確定申告の資料を整理する目的で購入を検討されるお客様が集中すると予想しています。

 さらに、個人向けドキュメントスキャナーを販売するメーカーが増えたこと、そして各メーカーがハイスペックモデルからモバイルモデルまで製品の幅を広げたことから、店頭に陳列する製品も増え、お客様の選択の幅も広がっています」

 ちなみに初代iPadの国内販売は2010年5月開始。だいたいそのぐらいの時期から本格的な普及が始まったということだろう。そして今後は、参入メーカーの増加と製品ラインナップ拡充で、より売り上げは伸びそうだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン