このページの本文へ

どう使う? ドコモ、SIMフリー端末向けにnanoSIMを提供

2012年10月30日 15時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモはSIMロック解除端末向けに、iPhone 5で採用されているnanoSIMサイズの「ドコモnanoUIMカード」の提供を11月1日から開始する。

iPhone 5に入っているnanoSIM単体の提供がドコモが開始。どう使う?

 新規契約の場合は、契約事務手数料として3150円が必要となるが、すでにドコモの回線契約がある場合は、SIMサイズの変更は12ヵ月に1回に限り無料である。

ただし、iPhone 5ではXiは使えない?

 なお、ドコモのサイトではiPhone 5にドコモnanoUIMカードを挿入した場合の制約事項として、以下の内容が記述されている

・LTE通信が利用できません。(XiエリアにおいてもFOMA(3G)通信となりますのでご注意ください。)
・800MHz帯、および1.7GHz帯を使用したFOMA(3G)通信が利用できません。(FOMAプラスエリアなどの800MHz・1.7GHz帯単独エリアにおいては、一切通信ができませんのでご注意ください。)


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART