このページの本文へ

写真ですぐわかる「Xperia AX」 シリーズ最高傑作!

2012年10月23日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本国内だけでなく、世界的に人気のソニーモバイル「Xperia」シリーズ。この最新作が、グローバルモデルとして発表された「Xperia V」。このVをベースにワンセグやおサイフケータイなどの日本仕様を取り入れてチューニングしたものが、ドコモの冬モデルとしてラインナップされた「Xperia AX」である。

 もともと、Xperia V自体がフラッグシップの位置付けであるため、Xperia AXもスペックはかなり高い。そこに、日本仕様と防水・防塵に対応し、モバイルブラビアエンジン2を搭載した美しい4.3型液晶ディスプレーや、1300万画素のカメラといった要素が追加されて、スキのない端末になった。おサイフケータイのほかにNFCも搭載され、NFC対応のソニー製機器をかざすだけで、ヘッドフォンやスピーカーといった周辺機器と連動させて楽しむことができる。

 モバイルブラビアエンジン2は画像や動画などのコンテンツに応じて明暗や色調を調整することができるので、最適な色味でコンテンツを見ることができる。カメラには、暗い場所や逆光時でも自然な明るさの写真が撮影できる“プレミアムおまかせオート”が新搭載され、さらに撮影前に9種類のエフェクトを確認できる“ピクチャーエフェクト”モードが追加。カメラの使い勝手がさらに向上した。

 ソニー謹製となるWALKMANアプリには、オススメの音設定を堪能できる“ClearAudio+”(クリアオーディオプラス)モードが新搭載。上質な音でお気に入りの音楽を楽しめるようになった。

 GALAXYシリーズと並んで、世界中で支持されているXperiaシリーズの最新モデルを堪能したいなら、AXで決まりだ。

カメラはリアが1300万画素だが、フロントが31万画素とダウングレードしてしまったのが残念。とくに女性は自分撮りすることも多いだろうから、気になるかもしれない
カラバリはホワイト、ブラック、ピンク、ターコイズの4色バッテリー容量は1700mAhと冬モデルの中では平均的だ
ソニーモバイル製の端末ということで、音楽性能にも抜かりはない。難しい操作をせずとも高音質な楽曲を楽しめる
ClearAudio+では、ソニーがオススメするイコライザー設定を自動的にチョイスしてくれる
ドコモ「Xperia AX SO-01E」の主なスペック
メーカー ソニーモバイル
ディスプレー 4.3型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約65×129×8.7mm
重量 約120g
CPU Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz
(デュアルコア)
メモリー容量 ROM:16GB/RAM:1GB
外部メモリー microSDHC(最大32GB)
OS Android 4.0
Xi対応 ○(下り100Mbps)
テザリング ○(最大10台)
カメラ画素数 リア:約1300万画素(裏面照射型)
イン:約31万画素CMOS
バッテリー容量 1700mAh
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ
NOTTV ×
赤外線
防水/防塵 ○/○
Qi ×
miniUIM
連続待受時間(3G/LTE) 約380時間/約270時間
連続通話時間 約300分
カラバリ White/Black/Pink/Turquoise
発売時期 11~12月

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART