このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ドコモ2012冬モデル:富士通「ARROWS V F-04E」 ― 第1回

ゲーム機かっ!4コアCPU、2GBメモリー最強級の「ARROWS V」

2012年11月01日 23時00分更新

文● 盛田諒 撮影● 篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

一生に一度は味わいたい「国産全部乗せ」
大盛り志向のメンズを直撃する1台

 「メーカーは国内、スペック全盛りがデフォ、グラフィックスはこってり濃厚」。そんなメンズな欲望を正面から受けとめ、富士通が開発した最新スマートフォンが「ARROWS V F-04E」。ネットでも話題になっているが、現時点で考えられるフルスペックを乗せたガン盛りモデルだ。

ARROWS V。4.7型(720×1280ドット)のハイスペックスマホ

CPUはクアッドコアのNVIDIA Tegra 3
内部ストレージは64GBの鬼スペック

 もともとARROWSシリーズは、スマホ業界におけるハイスペックモデルの象徴的存在だ。CPU、メモリー、ストレージ、画面解像度、カメラ性能。何から何までフル&フルで突っ込み「これがスマホのハイエンドというものだ!」と、その性能で周囲を圧倒してきた。

 かく言うARROWS Vも、CPUにクアッドコアのNVIDIA Tegra 3(1.5GHz)を搭載。メモリーは2GB、SSDはドコモ冬モデル最大の64GBと、もはやパソコン級のスペックを備えた。ディスプレーは4.7型、720×1280ドットのHD解像度で、画質的にも抜きん出ている。背面カメラは裏面照射型CMOS「Exmor R for mobile」を使った1310万画素。防水・防塵仕様で、データ通信には下り最大100MbpsのドコモLTE「Xi」(※)が使えるという、文句なしの鬼スペックだ。

 その基本性能はどんなものか、試作機に触って確かめてみたい。

*記事内の性能評価値はすべて、量産型の試作機をもとにしたデータです。実際の製品版データとは異なる可能性がありますのでご了解ください。
※下り最大100MbpsのXiサービスは東北、北信越、四国、沖縄の一部地域で11月からスタートします。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART