このページの本文へ

4コアCPU搭載で2万円を切る! 格安Android 4.0タブ登場

2012年10月13日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アキバ初登場となるクアッドコアCPU搭載の中華タブレット「A10(四核版)」がaPad専門店に入荷している。メーカーは中国のAMPEで、同店における店頭価格は1万9980円だ。

中国AMPEの最新端末「A10(四核版)」が登場。Android 4.0搭載の10.1型タブレットだ
最大のトピックはクアッドコアCPUの実装。中華タブレットとしては初めての登場になる

 本機は6月に登場した「A10」の文字通りクアッドコア版となる製品。搭載CPUは「iMX6Q 4.8GHz(1.2GHz×4)」で、解像度1280×800ドットの10.1型IPS液晶を採用する。

 クアッドコアCPU搭載モデルといえば、NVIDIA「Tegra 3」搭載端末をはじめとするメジャーブランド製品が先行して流通しているものの、低価格を最大のウリにする中華タブレットとしては初めて。2万円切りの価格設定も割安で、国内販売が始まった同価格帯の7型タブレット「Nexus 7」との関係も注目される。

ベンチマークでも優秀なスコアを叩きだすパワフルな性能は魅力的。フレームなどは前モデルと同じデザインが採用されている
厚みは1cmを切る9.6mmで、重量は600g台と扱いやすい。インターフェイスやmicroSDカードスロットなどは片方の側面に集中配置されている

 メモリーはDDR3 1GBで、ストレージ容量は16GB。最大32GBのmicroSDHCカードを外部ストレージに使用可能。IEEE 802.11a/b/g/nの無線LANに対応するほか、Bluetoothをサポートするなど周辺機能も充実している。搭載OSはAndroid 4.0。

 本体サイズは幅267×奥行き177×高さ9.6mmで、重量は約660g。バッテリー容量は8000mAh。前述の通り店頭価格は1万9980円で、通販価格は2万980円に設定されている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART