このページの本文へ

Lian-Li「PC-V750」

高さを抑えたアルミ製E-ATX対応PCケースがLian-Liから登場

2012年10月11日 23時04分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 電源ユニットをフロントに配置しつつ高さを抑えたE-ATX対応PCケース「PC-V750」がLian-Liから発売となった。

電源ユニットをフロントに配置しつつ高さを抑えたE-ATX対応PCケース「PC-V750」がLian-Liから登場。ネジレスでサイドパネルを開閉可能なのが便利

 全体サイズが230(W)×586(D)×440(H)mmとなるアルミ製PCケースの新モデル。電源をフロントに配置することで、全高を一般的なミドルケース並の440mmに抑えたのが特徴。奥行きは586mmとやや長めだが、E-ATX/XL-ATXフォームファクターのマザーボードも搭載可能だ。
 ラインナップはブラックの「PC-V750B」とシルバーの「PC-V750A」、ブラックかつアクリルサイドパネルを採用する「PC-V750WX」の計3モデル。

シルバーモデル「PC-V750A」の内部。大型ビデオカードを支える支柱も用意される

 主なスペックは、ベイ数が5インチ×1で、ホットスワップに対応する3.5インチシャドウベイ×6を搭載。さらにケース底面に用意されたHDDマウンターと5インチオープンベイを使用することで、最大9台のHDDを搭載可能だ。拡張スロット数は10で、最大380mmのビデオカードに対応する。
 エアフローレイアウトは、フロント120mm×2、トップ140mm×2、リア120mm×1。フロントI/OはUSB 3.0×2、USB 2.0×1、eSATA×1、HD Audioが用意される。
 販売しているのはツクモパソコン本店。価格は「PC-V750A」と「PC-V750B」が2万9800円、「PC-V750WX」が3万4800円となっている。

ラインナップはブラックモデル「PC-V750B」とシルバーモデル「PC-V750A」、ブラックの外装・内装カラーにアクリルサイドパネルを採用する「PC-V750WX」の合わせて3モデル

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中