このページの本文へ

ラトックシステム「RS-EC32-CLD」

RAIDもサポートする安価なNASケースがラトックシステムから発売

2012年10月10日 21時54分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラトックシステムから、パーソナルクラウド型ネットワーク対応RAIDケース「RS-EC32-CLD」が発売された。フェイス秋葉原本店で販売中だ。

ラトックシステムから、パーソナルクラウド型ネットワーク対応RAIDケース「RS-EC32-CLD」が発売。インターネットを経由して外出先からでも接続可能となる

 この製品はインターネットを経由して外出先からでも接続可能なパーソナルクラウド型ネットワーク(NAS)対応RAIDケース。Serial ATA対応の3.5インチHDDを2台収納でき、RAIDレベルは0/1/JBODをサポートする。なお、RAID 1(ミラーリング)時はホットスワップによるディスク交換に対応するため、常時運用のファイルサーバーにも最適だ。

3.5インチHDDを2台収納でき、RAIDレベルは0/1/JBODをサポート。アルミ製筺体と冷却ファンにより本体内のHDD温度は43度以下に保たれるという

 インターネットアクセスはブラウザ経由で行う仕組みで、専用アプリケーションをインストールすればiOSやAndroid端末からもアクセス可能となる。インターフェースはギガビットイーサネットに加えてUSB 3.0を装備するため高速な外付けHDDとしても使用できる。サイズは81(W)×173(D)×123(H)mm、重量約820g。対応OSは、Windows 7/Vista/XP、Mac OS X v10.5以降、iOS 4.3以降、Android 2.2以降。
 価格は1万4800円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中