このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト・トゥディ ― 第16回

日本マイクロソフトが仕掛ける、不可思議なWin8施策

2012年10月11日 11時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 8搭載PCが、まもなくPCメーカー各社から発表されそうだ。

 すでに、9月上旬にドイツで行なわれた「IFA 2012」(関連記事)や、先週、日本で開催された「CEATEC JAPAN 2012」では、Windows 8を搭載したPCのプロトタイプが展示されており、国内PCメーカーでは、東芝、富士通、ソニーがWindows 8搭載PCを披露してみせた。

 とくに、東芝およびソニーは、IFA 2012およびCEATEC JAPAN 2012の各社ブースにおいて、実際に製品を触れるような形で展示しており、この場で初めてWindows 8に触れたというイベント来場者も多かったのではないだろうか(関連記事)。

「IFA 2012」で展示された、東芝のWindows 8搭載Ultrabook「Satelite U920t」。ディスプレーをキーボード上にスライドさせることで、タブレットとして使用できる21:9のシアターサイズディスプレーを搭載した「Satelite U840W」
「CEATEC JAPAN 2012」で展示された「VAIO Duo 11」。実際に製品を触れるようにしていたディスプレー側をスライドさせることで、タブレット状態にできる

 現時点で、日本で正式にWindows 8搭載PCを発表したのはパナソニックのLet'snote AX2シリーズ、またソニーのVAIOシリーズだけである(関連記事1関連記事2)。

 プロトタイプの展示を除けば、いまだに、各社がどんな製品を投入するのかは分からないといった状況だ。

量販店店頭で、仕様/価格を明記できる
タイミングは10月19日から

 実はそれには、ひとつの理由がある。

 日本マイクロソフトからの申し入れによって、実際に量販店店頭で、仕様や価格を明確に表記して展示できるタイミングが、10月19日からになっているためだ。

 これはグローバルでのマーケティング施策に則ったもので、「競合他社との競争を考慮した上での施策」と、同社では理由を説明する。

 Windows 8が、アップルへの対抗を強く意識したものであることを考えれば、その「競合」とはアップルを指すことになるが、数多くのPCメーカーが新製品を発表する中で、本格的な店頭展示のタイミングを「10月19日以降」と設定するメリットが見いだしにくいというのも事実だ。

 しかし、この申し入れがあるだけに、PCメーカー各社は19日前後に製品発表を集中させている。「発表後、すぐに展示」というスタイルが最も訴求力があがるのは確かで、発表後、しばらくしてから展示することによる訴求効果の低減を回避する狙いがある。

 つまり、Windows 8が発売される10月26日の1週間前になって、各社から様々なWindows 8搭載PCが続々と発表されることになるのだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン