このページの本文へ

この秋はコレを買え! 注目のデジタル一眼カメラ総チェック ― 第1回

やっと発売!キヤノンのミラーレス「EOS M」を徹底レビュー!!

2012年10月09日 15時33分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高感度の画質チェック!

 ここからは実写撮影サンプルを確認していこう。まずは感度から。

 感度設定は通常でISO 100からISO 12800まで。感度拡張機能をオンにすることで「H」(ISO 25600相当)に設定可能だが、ハイライト側の階調を補正し、白飛びしにくくする「高輝度側・階調優先」機能をオンにすると感度拡張をオンにできないため、「H」は選択できなくなる。

感度別撮影サンプル

ISO 100 ISO 200
ISO 100ISO 200
ISO 400 ISO 800
ISO 400ISO 800
ISO 1600 ISO 3200
ISO 1600ISO 3200
ISO 6400 ISO 12800
ISO 6400ISO 12800
H(ISO 25600相当) H(ISO 25600相当)

 ノイズはISO 400あたりから確認でき、ISO 1600を超えると結構目立ってしまう。グラデーション部分を見るとISO 200でもわずかにノイズが出ているのがわかるので、高画質を追求するならISO 100一択になる。

 ISO 3200からは偽色も目立つので、出力するサイズ次第ではきつくなってくるだろう。

簡単に面白い写真仕上げができる
「クリエイティブフィルター」

 エフェクト効果の得られるクリエイティブフィルターの効果を確認してみた。機能としては既にKiss X6iなどで採用されている機能ばかりで目新しさはないが簡単に面白い写真が撮れる。それぞれの項目で強弱、色合いなどの微調整を行なうことが可能だ。

ノーマル ラフモノクローム
ノーマルラフモノクローム
ソフトフォーカス 魚眼風
ソフトフォーカス魚眼風
油彩風 水彩風
油彩風水彩風
トイカメラ風 ジオラマ風
トイカメラ風ジオラマ風

 撮影時だけでなく、記録されている画像に対して効果を適用させることもできる。複数の効果を重ねがけすることもできるので、創意工夫によってかなり面白い写真に仕上げることもできそうだ。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART