このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

豊富な写真で補正機能の実力を検証!

初めてでも安心・ベテランも満足 Photoshop Elements 11

2012年10月03日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 写真加工の代名詞で、下手すると「フォトショる」などの造語もちらほら見かける写真編集ソフト「Photoshop CS」の弟分、「Photoshop Elements 11」が発表された。従来どおりWindows用とMac OS X用がラインナップされる。発売日は10月12日の予定。

 登場当初のElementsと言えば、「簡易Photoshop」止まりだったが、長いバージョンアップを経て、機能的にはPhotoshopと遜色のないものになっている。「HAHA! 俺はハイアマチュアだからPhotoshop CS6ッ!!」という人も、触ってみてほしい仕上がりだ。先に書いてしまうと、ウェブベースや家庭でのプリントアウト目的程度ならば、Photoshop Elements 11を買ったほうがいいくらいだ。

 PhotoshopとElementsの明確な違いはUIの操作性もあるが、CMYKなどプロ用途の部分にだいぶ偏っている。ほかにはマスクのしやすさが異なるくらい、といったところだろうか。もちろん細かい面では膨大な差異があるが、「少々補正してブログにアップロード」というくらいなら、Photoshop Elements 11のほうが圧倒的にコストパフォーマンスがいい。

 また動作の軽さもチェックポイントだろう。アドビ製品は全体的に、パソコンにかかる負荷がヘビーという印象があるが、Photoshop Elements 11は比較的軽めだ。Ultrabookでの動作はもちろん、2世代前のパソコンでもすんなりと動作したため、旅行に持って行くノートにインストールしておいてもよさそうだ。それでは登場したばかりのPhotoshop Elements 11を早速チェックしていこう。

「クイック」がやたらと便利!

「クイック」の画面。画面上部で「ガイド」「エキスパート」に切り替えられる

 Photoshop Elements 11のインターフェースは、大きく分けて3つで構成されている。初心者向けおよびカンタンな補正をサクッと済ませられる「クイック」モード。ガイドを参考にしながら補正できる「ガイド」モード。そして「ほぼPhotoshop」な「エキスパート」モードだ。

 Photoshop Elements 11では、特に「クイック」に力を入れており、操作感としてはスマートフォン用の画像加工アプリに近い雰囲気になっている。またPhotoshop Elements 11のサイトを見ても、クイックのツールとガイドのラインナップ傾向から、人物写真にとくに注力しているのがわかる。それ以外のアップデート内容としては、自動選択範囲や補正アルゴリズムの強化のほか、フォトブックやCDラベル作成テンプレートも搭載するといった、オールインワンな写真編集ソフトにふさわしい陣容になっている。

使用頻度の高い「切り抜き」機能は、ガイドのほか、比率の固定や切り抜きのテンプレートが増加している。少し残念なのは、パソコンやスマホの壁紙用と明言した項目がないところ切り抜きのときに便利な「ガイドライン」は、三分割とグリッド、黄金比が用意されている

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART