ツンデレ少女、ついにデレる!? VHS→デジタル変換の基本

文●藤春都 イラスト●花園あずき

2012年10月03日 11時00分

登場人物紹介

田中葵

頭脳明晰・才色兼備の優等生だが、実は機械がニガテ。前回、赤司にデジタル変換の基本を教わって、少しはデジタルに強くなった……?


赤司

葵の同級生。デジタル全般に強く、機械オンチの葵を手伝ってくれる。葵に一方的にライバル視されている。


お気に入りのビデオが劣化? そんなのイヤ!

「葵ちゃん、眠そうね?」

 昼休み、お弁当を食べながらうつらうつらとしていた私を、友達が心配げに覗き込んできた。
「またバイト入れすぎたんじゃないの?」
「いや、違うの。……昨日は久々にバイトが休みだったから、『勇者一撃ガンファイター』のビデオを久々に見返してたらい深夜になってて」
「あんたアホだわ」

 友達は一瞬だけツッコミ口調になった。

「それに葵ちゃん、月に三回くらいそれ見てるよね?」
「名作は何度見ても名作なのよ」

 このビデオを見て、私は学年一位を奪取すると(現在二位)誓いを新たにしているんだから。
 それに今、我が家のテレビはビデオしか映らないんだもの。故障だと思ってたんだけど、どうも世の中が地上でじたる? に切り替わったから古いテレビは対応していないとかなんとか。
「でも最近、どうもそのビデオの映りも悪いのよね……」
 テレビと同じくビデオデッキも古いから仕方ないけど、修理するほどの余裕は我が家にはないし……。

 そうこうするうちにお弁当を食べ終わり、次の授業の準備をしようと廊下に出たところで、

「葵さん、眠そうですね?」

 唐突にかけられた声に私は慌てて振り向いた。
 いつの間にか隣に立っていたのは、眉目秀麗、万年学年一位、家は大金持ちという無敵の同級生だった。名は赤司。クラスどころか学校じゅうの有名人で、よその学校にもファンが多いって噂の男だけど、でも。

「ビデオを見続けるバイト、お疲れ様です」
「うるさいわね!」

 こいつ、さっきの会話聞いてたわね!?
 この通り性格は最悪。もっとも奴の本性を知っているのはクラス委員を一緒にやっている私だけで、女子はみんな奴の顔を見てきゃーきゃー言ってるけど。

「で、何の用よ?」
「ビデオの映像が荒れているという話ですけど、おそらくVHSのテープが劣化しているのだと思いますよ」
「日本語で言って」
「何度も観ているうちにテープがすり切れてくるんです。見続けるとさらに劣化が進むので、控えたほうが……」
「イヤよそんなの!」
「ですが、大事なテープなんですよね?」

 古いテレビ番組だけど、私にとっては子供の頃の思い出なのよ。確かにそれが劣化すると言われると……。

「ならば映像のコピーを作って保管しておくのはいかがですか。VHSの映像をデジタル化してディスクに焼けば、それ以上は劣化もしませんし」
 そういえばしばらく前の文化祭のとき、こいつは写真やビデオをパソコンで次々に処理していたっけ。……ふっ、私だって学年二位、一度教わったことは忘れないのよ。

「幸い、生徒会準備室に機材もあることですし」

 私用で使っていいのかしらねあれ。ましてや私は使い方知らないし、前みたいにこいつに手伝ってもらうなんて屈辱の極みだし……

「僕は暇なので、葵さんが作業をしている横で機械について独り言を言っていても気にしないでくださいね?」

 こ、こいつは……。
 またこいつの手を借りると考えると腹立たしいけど、今回は愛するガンファイターのためよ。いずれこの借りはきっちり熨斗付けて返してやるんだから。……あれ、それってただの礼儀正しい人間のことじゃない?

「そ、そうよね! 近くにいてもいいけど、なるべく静かにしててよね!」

VHSビデオのデジタル変換

●VHSビデオの取り込み

 生徒会長に頼んでみたら、簡単に生徒会準備室の鍵を貸してくれた。
 まあ、普段はただの荷物置き場だしねこの部屋。昔は写真の現像とかに使っていたとかで、やたら窓が小さくて黒くて重いカーテンがかかってる。
 ……また、この部屋でこいつと二人きりになるなんて、ねえ。

「さて、VHSをデジタル化するには専用の機械が必要です。アナログのVHSテープを読み込む部分、それをデジタルデータに変換する部分に分かれます」
 赤司は言いながら準備室に置かれた機材をぺしぺしと叩いた。学校の備品なんだからもうちょっと大事に扱いなさいよ。

 私は奴の指さすボタンをおそるおそる押して電源を入れる。
 なにしろ、この作業は私が自分でやるんだから! 間違っても赤司なんかに手伝ってもらってるわけじゃないのよ!

「まず、パソコンとビデオデッキを特殊なケーブルで繋いで、ビデオデッキから送られた映像をパソコン側で処理してデジタル化する方法があります」

(参考記事)

「この場合は映像を処理するためのソフトウェアが必要になりますが、パソコンにあらかじめインストールしておく場合と、ケーブルや機材の中にその機能が組み込まれている場合があります。『ソフトウェアエンコード』か『ハードウェアエンコード』か注意して下さい」

 赤白黄色とチューリップみたいに分岐したケーブルを手にして私が途方に暮れていると、

「もうひとつは、Blu-ray、DVD、VHSなどをまとめて扱える一体型のレコーダを使う方法ですかね。読み込んだVHSの内容をそのままディスクに保存することも可能ですし」

「……さっきとの違いは?」
「パソコンと接続する必要がなく、一台ですべて賄えるということです」
「そっちにするわ」
「まあ、初心者の葵さんはこちらのほうがお気軽でしょうね……」
「悪かったわね!」

●解像度、画質、エンコード

「では次に、解像度のことは覚えていらっしゃいます?」
「覚えてるわよ! あんた、私のことバカだと思ってるでしょ」
「少なくとも、テストではいつも僕より順位低いですよね」
「このっ……、これのことでしょ!」

解像度 利用例
720×480(※) アナログ放送、DVDなど
1440×1080 地上デジタル放送など
1920×1080(フルHD) ハイビジョン放送など

※アナログ放送のSD画質の数値

「そうですね。ただし下二つのデジタル放送の数値はこの通りですが、アナログに解像度という概念はありませんから、アナログ放送はあくまで『このくらいの画質』ということです」
「なんか大雑把な話ね……」
 そしてVHSビデオもアナログ映像ですので、デジタル化するときに自由に解像度を決めることができます」
「あ、そうなの? だったら数字を大きめにしておいたほうが見た目綺麗なのよね」
「そうです。ただし高解像度になればなるほど機械は高額になりますし、ソフトやパソコンも高性能なものが必要になりますが」

 やっぱり世の中金か。金なのか。

「世の中の世知辛さはともかくとして、デジタル化するときには解像度とともにエンコード規格も決める必要があります」
「日本だから円コードなの?」

 アメリカだとドルコードになったりするのかしら。

「残念ながらロシアでもエンコードです。映像の圧縮に関する規格のことです。解像度が高くなればなるほどデータ容量が大きくなるのはおわかりですよね?」
「ええと……ドットの数がそれだけ増えるからよね」
「そうです。データが大きすぎると扱いづらいので、なるべくクオリティを落とさずデータ容量を減らす手法がいくつも開発されています」

フォーマット名 画質 ファイルサイズ
H.264
MPEG2 DVDに利用されている
MPEG4 MPEG2より圧縮率が高い
AVI
MPEG1 Video-CD等に利用されている

※<http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/capture.html>参照

●取り込んだ映像の編集

 その後も私が隣から聞こえる独り言(断じてそうなのよ!)のままにぽちぽちとボタンを押したりクリックしたりしていると、やがてぱっとモニタが切り替わった。

「あ、映った映った……きゃー、ガンファイター、かっこいい!」
「そこで鑑賞会を始めないで下さい。アルバム見始めて掃除できない人の典型例のようです」
「ち、違うわよ! ……ああ、でも確かにあちこち画面が汚れてるわ……」

 劣化していると言われると切ないわね本当に。

「映像をデジタル化した後なら、それを補正することも可能ですよ」
「そうなの!?」
「本格的な修復はプロ用の機材でなければ無理ですが、簡単な……ノイズを除去したり色をはっきりさせる程度なら、ビデオキャプチャ用のソフトやレコーダが自動でやってくれますよ」

「その他にも映像のいらない部分を削除したり、簡単な文字を入れるくらいの加工であればできます。それ以上の編集は専用ソフトでなければ無理ですが」

●映像はBlu-rayに焼いておこう

「さて、後はこのデジタル化したデータをディスクに保存すれば完了です」
「ディスクが劣化したらまたデジタル化しないといけないのかしら……」
「最新のディスクは数十年から百年保つと言われています。もっともまだ発明されてから百年経っていないので、真偽のほどはわかりませんが」
「ビデオみたいにびろーんと伸びないだけ長持ちするのかしらね?」

「ディスクの種類と解像度、録画時間の関係はこのようになっています」

HD画質(1920×1080、24Mbps)の場合
メディア 容量 録画時間
Blu-ray Disc™(一層) 25GB 2時間10分
Blu-ray Disc™(二層) 50GB 4時間20分
DVD 4.7GB 非対応(AVCREC形式なら保存が可能)
SD画質(720×480、12Mbps)の場合
メディア 容量 録画時間
Blu-ray Disc™(一層) 25GB 12時間10分
Blu-ray Disc™(二層) 50GB 24時間20分
DVD 4.7GB 2時間

※<http://qa.support.sony.jp/solution/S1110278028503/>参照

「おお、すごいわね青い霊……じゃなくてBlu-ray」
「高画質で保存しておきたいのであれば大容量のディスクが必要で、現状、Blu-rayということになるでしょうね」

 それにしても、DVDはそもそも非対応ってところが悲しいわね。

「ところでビデオの中身をBDに保存してもらったのはいいけど、うちのビデオデッキじゃ見られないんだけど……」
「それは……頑張ってバイトをして、新しいレコーダを買ってくださいとしか」
「ほんとに世の中金よね!」

ついにデレた…?

「これは……?」

 数日後、私が手渡したものを見つめて、赤司は珍しく困惑した顔をした。

「見ての通り、お弁当よ」
「……なぜ僕に?」
「あんた、あの後『独り言にお付き合いいただきどうも』とか言ってすぐに帰っちゃったでしょ。あんたはあくまでそのつもりでもお礼はするわよ」

 いつも家族のぶんの朝食や弁当は作っているから、一人ぶん増えても実はそんなに手間は変わらないんだけど。でもせいぜいたっぷり恩は着せてやらないとね。

「ちゃんと感謝して食べなさいよ!」

 奴の手に包みを押しつけ、私はさっさと踵を返した。顔がちょっと赤かったようにも見えたけど、たぶん気のせいだ。
 そしてほくそ笑む。
 ……ふっふっふ、私がずっとおとなしいと思ったら大間違いよ。学校一のイケメンの地位から、今こそ引きずり下ろしてあげるわ!

*****

「ねえねえ、赤司君の話聞いた?」

 次の日、教室に入るなり友達が話しかけてきた。

「赤司君が昨日なんだか嬉しそうにお弁当食べてたらしいんだけど、それがすっごい可愛いキャラ弁だったんだって!」

 そうでしょうとも、私が作ってやった弁当だもの。いつもクールな奴がお子様向けのアニメの顔がそのまま入っているようなお弁当を食べてたら、ファンの女の子たちは幻滅よね!

 ……むろん、そんなことはおくびにも出さないけど。

「へえ、意外ね」
「だよね! あの赤司君でもそんなの知ってるって、可愛いところもあるんだねー」

 でも、友達はどう見てもどん引きなんてしていなかった。他の女の子にも話を聞いてみたけどほぼ同意見だ。
 ……おかしい、こんなはずじゃなかったのよ。これだからイケメンってやつは!

「これじゃなんで朝から頑張ったの……」
 そして私ははたと気づいた。
 あの弁当がまったく赤司へのダメージになっていないなら、私はただ奴にお弁当作ってあげただけじゃない。私が、こんなにムカついて大嫌いなあの男に!

「う……うわあああああああ」

 私は真っ赤になって机に突っ伏した。
 その顔はたぶん、山ほど入れてやったタコさんウィンナーよりも赤かったと思う。

著者紹介――藤春都

 ライトノベル書き。筑波大学図書館情報専門学群卒。特技は本を腹の上に載せたまま寝ること。企画書を没られたりプロットを没られたり細かな記事を書いたり色々してます。単行本は『ミスティック・ミュージアム』(第二回ノベルジャパン大賞<佳作>受賞作)、『空想/のべりずむ』、『瑠璃色の刃と朱色の絆』(すべてホビージャパンより刊行)。現在、新作準備中。

 ウェブサイトは『Claymore』、Twitterは@fujiharu

イラスト――花園あずき

 ドレスと猫をこよなく愛する漫画家。ペンネームが微妙に変わりました。単行本に『小公女(マンガジュニア名作シリーズ)』(学研教育出版)。最近忙しくて引きこもりがち。

 ブログ『本当は萌える!源氏物語』では、源氏物語の漫画を連載中。twitterは@genjihikaru

~前回のあらすじ~

■関連記事